安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ホタルイ
©az-tic life

田んぼに群生するホタルイを抜き取った。

去年まではポツポツ点在する程度だったが、
今年は水口近くに幅4m、長さ10m程の広さで群生している。
除草剤の使用時期はとっくに過ぎているため、
手作業で抜き取っては足跡に押し込んで処分するのだ。

それにしても、ホタルイが増えた原因は何だろうか?
ウチは抵抗性ホタルイ対応の除草剤を1回のみ散布する。
たとえ除草剤の成分が水で流されたとしても、
群生する範囲は水口を中心とした扇形か、
条と平行の細長い形状となるはずだ。
しかし実際には田植えの枕地に近い縦の条に直角で、
枕地は群生どころか点在する本数も少ない状態だ。
となると、この差の原因は田植えのえぶり押しか代ごせ、
もしくは外周植えで踏まれた苗から有機酸が発生!?

いずれにせよ、ホタルイを抑えるためにも、
耕起や代ごせの方法を変えてみる必要がありそうだ。
代ごせはしっかり混ぜると良いと言う人もいれば、
ペタペタ泥を叩く程度が良いと言う人もいる。
藁や草がすき込まれるかそうでないかでも変わるらしい。
まあ、とにかく稲作は奥が深いということだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する