安曇野発ケチケチファーマーズブログ
landmark&TERMINAL
©toy's factory

Salyuのアルバム『landmark』と『TERMINAL』を購入。

もちろん新品だ。

Salyuはデビュー当時から独創的なPVで知っていたのだが、
本格的にハマったのは『風に乗る船』の頃からだ。
曲調は軽快なロックや、しっとりした感じのものが中心で、
RIP SLYMEのILMARIと競演した『VALON』を除いて、
HIPHOP等のクラブミュージックとは全くの無縁だ。
しかし、Salyuの個性的で存在感のある歌声は、
どんなアレンジにも引けを取らないくらいの聴き応えがあり、
ボーカルのみでも十分楽しめそうなレベルだ。

さて、2枚のアルバムを聴いた感想はと言うと…
『landmark』の方がSalyuらしいと言った感じだろうか。
元々小林 武史のプロデュースが多かっただけに、
一青窈色の強い『TERMINAL』は聴き慣れるのに苦労しそうだ。
まあ、Salyuは基本的に作詞をしないボーカリストのため、
他人の書く詩の世界観をいかに表現し伝えるのか、
そのことにさえ専念してくれればそれで十分なのだ。

あまり感想になっていないが…
とりあえず他の作品もチェックしていく予定だ。

Salyu公式ページ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する