安曇野発ケチケチファーマーズブログ
畦草刈りは『ウイングモアー』と刈払機の2台体制で行っているのだが、
高い畦での作業は相変わらず重労働で危険な場所も多いため、
春頃から『スパイダーモアー』の導入を検討していた(;´Д`A
オーレック『SP850』は中古が数多く出回っていて入手は簡単だが、
大規模農家がボロボロになるまで使い倒したものばかりorz
エンジンは熱くなると再始動が難しくなるなど評判が良くないため、
あえて排気量の小さい『SP650』の中古を予算12万円くらいで探していた…
そんな時にヤンマーあづみ野支店で共立『AZ650』の中古を発見♪
『SP650』のOEMで程度もかなり良かったことから迷わず購入!

共立AZ650
©az-tic life


(゚∀゚)うひょー!


昔から指をくわえて眺めていた『スパイダーモアー』が目の前に♪
程度が良いのに9万円ジャストで購入出来たのが未だに信じられない…
上級機を選ぶ人が多いため安くしないと売れないのだろうか?

ピカピカ♪
©az-tic life

ちなみに『スパイダーモアー』はオーレック製のことをいうのだが、
お年寄りの間で刈払機が『ビーバー』と呼ばれているように、
最近は斜面用草刈機の代名詞として使われるようになってきた…
そのため斎藤農機製も『スパイダーモアー』と呼ばれることが多い(^_^;)

カワサキエンジン
©az-tic life

『SP850』のロビン製に対して『SP650』はカワサキ製エンジン搭載♪
排気量は53㏄と小さいが80ccクラスとほぼ同等のトルク出力ということや、
ウチの田んぼは高い畦の多くが北向きで草の密度が少ないことから、
これくらいの排気量でもパワー不足を感じることはないはずw
支障になるような雑草があればスポット的に除草剤で叩けば良い…

草団子w
©az-tic life

早速カバーの歪みを修正すると共に足回りをメンテナンスヽ(´ー`)ノ
車輪を外すとマリモのような丸い物体がコロッと出てきたw
ネットで見たことのある団子がこの機体でも成長していたのだ♪
それだけ車輪の中へ泥が入りやすいということでもあり、
腐食防止のためにもカバーの下側と一緒に塗装するとしよう!
錆が目立ってきた『ウイングモアー』のオーバーホールも同時進行だ…

果たして『スパイダーモアー』により重労働からの解放なるか!?
来シーズンの畔草刈りが今から楽しみで仕方ない♪

株式会社オーレック
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する