安曇野発ケチケチファーマーズブログ
今年の稲刈りはドロドロになることなくスムーズに終了♪
しかし前半は台風に急かされ青い田も慌てて刈ってしまった(^_^;)

1日目は昨年と同じく民家の庭先を通っていく田んぼからスタート!
肥料持ちがないため元肥を少し多めに入れてみたのだが、
出穂後の長雨により登熟が進まず微妙な感じにorz
例年通りの天気であれば良くなるはずだがこればかりは仕方ない…
夕方にとある栽培方法の田んぼに入ると丁度良い登熟具合♪
硫安のみでは茎葉が貧弱になるため新たにケイカルも入れてみたところ、
ガッシリした姿になっていて他の田んぼよりもチクチク感じたw
肥料屋の土壌改良剤よりも安価なケイカルをベースに、
鉄粉を混ぜて散布すればかなりのコストダウンになりそうだ(´艸`)

クログワイ田
©az-tic life

2日目は台風が近付いてきたことから倒伏した田んぼを優先的に刈ることに…
やや青みは強いが穂先が水に浸かると発芽してしまう恐れがあるため、
天秤に掛けた上で最も損失を抑えられるタイミングで刈り取ることが大切だ。

3日目は台風が西に逸れて夕方まで雨が降らない予報だったことから、
前半残りの田んぼを一気に刈り進めることが出来た(;´Д`A
ライスセンターに搬入し終わり職員と話をしていると雨が降り出し、
びしょ濡れになりながらトレーラーでコンバインを回収…

台風による被害は特になかったのだが田んぼが乾くのを待ち、
5日後の稲刈り4日目は受託している田んぼを刈り取り。

5日目も受託している田んぼから刈るのだが日陰の稲がベッタリ…
日陰は肥料を撒かないよう指導していたのに忘れられてしまったのか、
今年の天候によるものなのか分からないが勘弁してくれorz
午後はウチで借りている田んぼに入るとまあまあの登熟具合♪

赤米田
©az-tic life

6日目は赤米が出た田んぼを遅れ気味ながらも快速刈り!
出来ることなら適期を迎えた田んぼから順番に刈りたいところだが、
赤米やホタルイ等の雑草が発生している田んぼは後回しにするのが基本…
しかし最近は荒れ放題になってから委託されるケースが増えたり、
ライスセンターに色彩選別機が導入されたことで危機感が薄れてしまい、
「へえ除草剤やらなんでもいいだな」などと呑気なことを言う農家も出てきたりと、
ますます担い手が雑草を広げないよう注意しなければいけない状況にorz
来年以降の動きが読めない中での設備投資は正直厳しいが、
いずれは借り受けた農地で水稲と畑作物のローテーションをこまめに行い、
地域全体で難防除雑草が発生しにくい農地利用を進めよう(・∀・)

その前に鉄板でコンバインにパッチワークを施さないとねw

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する