安曇野発ケチケチファーマーズブログ
やっと玉葱の収穫が終わった(o_ _)o

昨年は青果の5割が抽苔してしまい収穫に苦労したが、
今年は採種用の畑2枚のうち1枚で3割が抽苔してしまったorz
まあ他の農家では7~8割も抽苔させてしまったらしく、
それに比べればまだマシな方かもしれないが、
未だに玉葱の抽苔を回避する方法が見つけられない…
一般的な方法としては播種時期を9月10日以降に遅らせるか、
あえて弱々しい苗を作って植えるくらいだろうか?
ただそれでは厳しい冬の寒さを乗り越えるのが難しく、
根が凍み上がって春には消滅してしまう…
ポット苗を使用する機械植えは圃場にもよるが、
道から見た限りでは2~3割くらい消滅していた(゚Д゚;)

そしてJAあづみではこの春に玉葱の乾燥調整施設が完成し、
6月に入ってから本格的に稼働しているようだ…
定置型オニオンタッパー、除湿乾燥室、選別ラインを備え、
面倒な根・葉を切る作業やサイズごとの選別から解放されながらも、
業務用よりはいくらか良い値段で出すことが出来る♪
しかも安曇野市が玉葱専用(?)の機械を導入する場合、
融資の有無に関わらず補助金を出すとのことで、
これはますます玉葱に力を入れたくなってしまいそうだ(^_^;)
ただ専用の機械も完璧なものは存在しないため、
雑草や石が多い圃場で定植や収穫に影響がないか、
地元での導入事例を見ながら慎重に進める必要がある…

まずは中古農機サイトをサーフィンしてみようw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する