安曇野発ケチケチファーマーズブログ
今年の春作業は過去最高に忙しく失敗の連続(o_ _)o
田植え中の写真がないのはそんな余裕のなさを表している…
4月下旬に体調を悪くされた方からの依頼が入ってしまい、
既に決まっていたスケジュールに無理矢理ねじ込むことで対処!
まだ浸種もしていないということでやや高めの温度で催芽し、
地主さん宅の発芽器で鞭を打つことにより育苗期間を1週間短縮w

水も滴るイイ機械♪
©az-tic life

新しいトラクターとハローは雨に濡れることなく快適作業♪
しかし田んぼから出る際に予想もしていなかったウイリー続発orz
安全性を考えて来シーズンまでにフロントウエイトを購入しよう┐(´д`)┌
ちなみに後輪サイズは14.9-28と極太だが轍は気にならず、
土寄せ爪の位置がドンピシャなことから均平性はかなり良い。

今年が最後…
©az-tic life

毎年のように今年が最後かと思いながら耕し続けてきた枝垂桜の田んぼ…
いつの間にか周りの農地が売りに出されてしまったらしく、
宅地開発に飲み込まれることがいよいよ現実味を帯びてきたorz
ご先祖様が汗水垂らして開墾したり農地解放があったりと、
様々な苦労の末に手に入れた農地も今では大切に扱われなくなってしまった…
景観や文化伝統など地域全体のことまで考えようともせず、
自分達の老後の生活費にするとは身勝手なトショリ達だ(´;ω;`)

綺麗(*´∀`)
©az-tic life

トラクターとハローが同時に変わると綺麗に仕上げる設定を見つけ出すのは難しく、
試行錯誤の繰り返しはまるで農業を始めた頃に戻ったかのよう…
案の定1回目の代ごせでは残渣が出まくりで田植えにも影響が出たが、
2回目では何とか丁度良い水加減と回転数を見つけ出すことが出来た(;´Д`A
しかし保水型の育苗箱でプール育苗にした苗は底から根が出てしまい、
長い根が地味に影響して植え付け姿勢が乱れる傾向にorz
植え付けまで安定して行うにはやはり育苗箱の選定が肝心だ…

水鏡
©az-tic life

その他1回目播種の苗は予想外の寒さに晒されて10cmにも満たなかったり
2回目播種の苗は甘やかし過ぎて20cmまで伸びてしまったりと、
14年も農業をやってきたとは思えないくらいの不安定さorz
それでも全ての田植えが終わったあとに現れる美しい景色を見ると、
最後まで頑張った甲斐があったなと思える(*´∀`)
もちろん大きなトラブルなく働いてくれた機械達にも感謝!
延長レベラに起こった小さなトラブルは暇な時に修理するとしようw

ヤンマー株式会社
小橋工業株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する