安曇野発ケチケチファーマーズブログ
新しいトラクターのメンテナンスは12月に入ってからようやく開始…
しかも細かい部分に拘り過ぎて年内の稼働が出来ないまま終了(o_ _)o
まあ長年風雨に晒されてきたのだから暫しの休息期間だ♪

US601ジャッキアップ
©az-tic life

当初はFタイヤ、Fタイヤチューブ、エンジンオイル、エンジンオイルフィルター、
クーラントの交換と劣化した塗膜の磨きやマフラー塗装だけだったが、
錆びまくりのホースバンドやグリスニップルも気になってしまい、
一流メーカーのオールステンレス製をネットで注文!
さらに心配性のためパワステホースやファンベルトも交換することに(^_^;)
その他ヤンマーホワイト、ヤンマーネイビーグレーの塗料も購入…
これら純正部品、純正同等部品を合わせると合計なんとビックリ14万円超えw
(※下記に登場する牽引ヒッチ、タイヤ、チューブ等含む)
まさかと思い社外品や安物で試算してみると10万円くらいにorz
使用時間が少ないからと奮発したのは果たして正解だったのだろうか?

牽引ヒッチ一式
©az-tic life

磨きも大切だが忘れてはならないのは足りない装備の追加!
このクラスにしては珍しく付いていない牽引ヒッチはヤンマーで購入♪
しかしコレがなかなか重く取り付けには工夫が必要で、
安物のミッションジャッキか何かを購入しようかとも思ったが…

牽引ヒッチ取付
©az-tic life

物は試しと一輪車のフレームに載せて腹下に潜り込ませ、
ボルトで仮留めしたら一輪車のタイヤの空気を抜いて引き出すことで、
一人でも簡単に取り付けることが出来たヽ(´ー`)ノ

マフラー錆落とし
©az-tic life

マフラーの錆はワイヤブラシと曲面にフィットする『マジックロン』で落とし、
耐熱塗装に備えてパーツクリーナーでしっかり脱脂洗浄!
表面のボコボコも気になるが肉薄のため削ることは出来ない…

マフラー塗装
©az-tic life

耐熱塗料はどこでも入手可能なKURE『耐熱ペイントコート』をチョイス♪
仕上がりを左右する焼き付けは適当な煙突パイプの中に吊るし、
下からアウトドア用のコンロで熱気を送ることによりチンチンに加熱!
エンジンを掛けて過熱するより温度ムラが少なく確実なはず…

マフラー取付
©az-tic life

焼き付け後はつや消しブラックにしては少々輝いて見えるが、
塗膜は引っ掻いても剥がれない強度を持っている(゚Д゚;)
ところでタイコの後ろに見える黒いミミズ状の物体…
エンジンルームとキャビンの間にスポンジが貼られているのだが、
劣化した上面に雨水が染み込み苔が生えていたことから、
コーキング剤を盛って上面から側面に掛けて雨どいを作ってみたのだw
ささやかな拘りではあるが新たな機能性と耐久性が備わった♪

ビード落とし
©az-tic life

難しいと思われたFタイヤのビード落としはジャッキを使えば簡単♪
ホイールからタイヤを外す手順は自転車と変わらないが、
全身運動となるため冬なのに汗だくに(;´Д`A
新しいFタイヤは純正と同じブリジストン製をチョイス!
見えないチューブはファルケン(オーツ)製でコストダウン…

ホイール塗装
©az-tic life

Fホイールはリムとディスクの接合部だけ錆びていたが、
元々の塗装にザラつきやムラがあったことから全体を塗り直した♪
リアホイールはリムとディスクの接合部のみ塗装…

タイヤ装着
©az-tic life

塗り直したホイールに新品のタイヤとチューブを装着!
ピカピカ&黒々していて足回りだけ見ていると新車のよう(*´∀`)
ボルトは念のためトルクレンチで規定値に締めておいた…

鏡餅♪
©az-tic life

ビニールハウス内のため日が当たっている間は暖かいとは言え、
日中の気温差で機体が結露するようになってきたことから、
シャーシやロータリー等の塗装は来年3月以降までお預けに(´・ω・`)
とりあえず外した部品を元に戻して鏡餅をお供え…
何はともあれウチに来てくれてありがとう!今後もよろしくね♪

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する