安曇野発ケチケチファーマーズブログ
寒くなり石油ファンヒーターを引っ張り出してきたのだが、
点火すると突然ボォー!と凄い燃焼音と熱によるミシミシ音を発し、
設定温度に達するとお次はボッ!ボッ!と咳や異臭を放ち、
最後はエラーコードE03を表示して勝手に消火…
昨シーズンからポッ!ポッ!と異音を出していたため、
そろそろメンテナンスしなければと思っていた矢先の出来事orz

ダイニチ FHY-32GS8
©az-tic life

ちなみに機種はダイニチ『FHY-32GS8』で良く見れば2006年の製造…
これまで炎を検知するセンサー(?)のシリコンは落としたことはあるのだが、
今回はネットで調べてみると気化器周辺の汚れが原因とのことで、
適当に分解してクリーニングしてみることに┐(´д`)┌

クリーニング前
©az-tic life

気化器はフロントパネルを外すだけで簡単にアクセス出来る♪
バネを飛ばさないよう慎重に噴射量を調節するニードルを抜き取ると、
ニードルにカーボンなのかタールなのか良く分からないが、
謎の黒い汚れがガチガチにこびり付いていた…

クリーニング後
©az-tic life

ネットの記事を参考にバーナーでニードルを熱し、
ガチガチにこびり付いた汚れを綺麗さっぱり焼いて除去!
ニードルが収まるノズルの汚れもバーナーで焼こうと思ったのだが、
ロウ付けが溶けて修理不能になる恐れもあることから、
真鍮の針金を突っ込んでガリガリと掻き出し、
気化器の中をパーツクリーナーで塵一つ残さず洗浄…

トロ火♪
©az-tic life

組み立ては逆の手順で行えばクリーニング完了ヽ(´ー`)ノ
早速スイッチを入れると灯油が回るまでは点火に手こずる感じで、
その後はシューという落ち着いた燃焼音で推移…
肝心の設定温度に達するとファーという安定したトロ火に♪

この記事を書いている今現在も特に問題はないため一応直ったはずw
なお火を扱う器具のため分解・修理はもちろん自己責任だ…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する