安曇野発ケチケチファーマーズブログ
久し振りに歯医者へ行った。
歯の詰め物が砕けてから3年以上経ち、
このままでは歯のために良くないと思ったからだ。

診療室へ入ると医師に「久し振りですね」と言われた。
どうやらカルテは残っていたようだ。
患部の説明や短期間の治療をお願いすると、
キュイーンと軽く研削し、粘土状の物体を詰め込まれた。
型を取るのかと思いきやパシッパシッと謎の音が…
再び研削すると一言、「はい終わりです」。
舌で患部を確かめると硬い詰め物が入っているのが分かった。

驚いた!

これが噂に聞いた光硬化性樹脂なのか!?
治療時間は10分も掛かっていない。
早速待合室の鏡で確認したところ、
歯と同色の樹脂がぴったりフィットしていた。

ここ10年の間に随分と歯科技術が進歩したようだ。
今後も暇があれば歯医者へ行こう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実はワタシも5年位前に虫歯だらけになり、15年ぶりに歯医者に行ったらまだ当時のカルテが残ってました(^_^;)全部直すのに半年かかり、それ以降毎月メンテナンスをしてもらってます。ただ医療負担が2割から3割に上がったのはイタイっす。このままでは5割もありうるかも??
2006/12/06(水) 06:33 | URL | のぴ #-[ 編集]
毎月メンテナンスとは凄いですね~!
自分は食後にキシリトールガムを噛んでいます(笑)

医療費負担が上がるのは痛いですが、
これを機に国民が健康への意識を高めてくれれば、
将来的には生活習慣病が減り、元気な高齢者が増え、
経済が活性化するような気がします。
2006/12/06(水) 23:08 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する