安曇野発ケチケチファーマーズブログ
7月も下旬になり慣行栽培は2回目の穂肥を撒く時期に入ろうとしてるが、
とある栽培技術を試している田んぼはこのような感じになっている↓

追肥から28日目
©az-tic life

硫安を流し込んでから葉を伸ばすと同時に分けつも一気に進み、
頼りない姿だった稲は慣行栽培を追い抜く勢いに(゚Д゚;)
葉色は追肥後10日くらいでカラースケールの5~6に並ぶほど濃くなり、
その後は徐々に葉色を落として現在は3~5で安定している。
やや過剰分けつになってしまい正直ビクビクしてるが、
初期に分けつを確保してそれを維持する慣行栽培とは違い、
茎や葉が見るからに新鮮で枯れ上がりが少ないのは安心出来る♪

鮮度抜群!
©az-tic life

ちなみに葉色が3~5と幅がある理由は硫安の流し方に少々問題があり、
1~2cmの水位があったため水口の反対側まで肥料分が届かず、
逆に途中の深い場所では肥料分が多くなる傾向にorz
流し込みを行う場合は地面が乾かない程度に軽く落水しておき、
大量の水で一気に奥まで流し込むのが理想的と言えよう。
また流し込みでは肥えた場所や日陰にも流れていってしまうため、
そのような場所を避けるために動力散布機で撒くのも良いかもしれない。
入れてしまった肥料は取り出せないためとりあえず観察だw

水稲ワンタッチS100M
©az-tic life

一方こちらは農協の一発肥料で栽培している標準的な田んぼ。
幼穂形成期に入っているのに干されているのは、
猛暑の影響で肥料が効き過ぎて丈が伸びるのを防ぐためだろうか?
分けつは適正かもしれないが茎の太さにバラつきがあり、
初期に確保した分けつを維持することに疲れ果てた印象だ…
さらに今年は田植え直後から気温の高い日が続き、
ガスわきによる根の痛みで黄緑色っぽくなった稲があちこちで見られるが、
元肥ゼロでスタートした稲は太い根が地中深くまで伸びるため、
7月上旬には根がガスわき層を突破したのか生育が安定してきた♪

最初の頃の不安もふっ飛ばす勢いで成長を見せる稲…
このまま出穂から稲刈りまで順調に育ってくれるかどうか(;´Д`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する