安曇野発ケチケチファーマーズブログ
家から一番遠い田んぼで春起こしをしていると、
トラクターのリバーサレバーが突然ガタガタな操作感になり、
前進は入るのだが後進はうんともすんとも言わなくなってしまった(゚Д゚;)
しかし作業を中断するわけにはいかなかったため、
四隅がボコボコになるのを覚悟で前輪を畦に乗り上げてターンし、
前進だけで何とか周回耕まで終わらせることが出来た…

レバー 修理前
©az-tic life

家に帰って早速ミッションからレバーまでのリンクを辿ると、
レバーを支えるコの字型の部品に亀裂が入っているのを発見!

コの字 溶接前
©az-tic life

とりあえず割ピンと支点の軸を抜いてレバーを取り外し、
コの字型の部品の軸を辿った先にあるスナップリングを外してピンを抜き、
ハンドルスポークを避けながらコの字型の部品を取り出した…
最初は亀裂だけかと思っていたのだが触ってみるとポロっと分裂w

コの字 溶接後
©az-tic life

ただ亀裂に歪みがなくパズルのように組み合わさったことから、
グラインダーで表面だけ磨いてちょちょいと溶接♪
見た目はボコボコだが強度的には全く問題ない仕上がりとなった(*´∀`)

レバー 修理後
©az-tic life

完成したコの字型の部品とリバーサレバーを元に戻すと、
レバーの反対側がハンドルのステーを擦っているように見えた…
もしやと思いレバーの反対側を少し削ってみるとスムーズな操作感に♪
今まで渋いと思っていた原因は部品同士の干渉によるもので、
コの字型の部品に過大な負荷が掛かったことで亀裂が入ったようだorz

農機はクルマや家電に比べると当たり外れが多い┐(´д`)┌
変だなと思いながらも使い続けていると新たな故障を呼んでしまうため、
早め早めに分解して改良を施すのが良いのかもしれない…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する