安曇野発ケチケチファーマーズブログ
NR-MZ40X-D
©az-tic life

インプワゴンに念願のカーナビを載せることにした♪
その記念すべき機種は三菱電機『NR-MZ40X-D』(・∀・)
フルセグ、DVD、VICSを搭載した機種では最も手頃で、
代引き手数料も含めて58,820円で購入することが出来た。

各種配線
©az-tic life

取り付けにはエーモンの『スバル車用 オーディオハーネス』と、
同じく『スバル車用 車速配線カプラー』を使用する。
こちらはオートアールズにて2本合わせて2,980円で購入。

純正デッキ
©az-tic life

純正のCD・MDデッキは必要最低限の機能しかなく、
MP3を焼いたCD-RやMDLPを再生することは出来ない。
ちなみにETC車載機は三菱電機『EP-4312B』で、
イエローハットにてセットアップ・工賃込みで9,980円だった。

地デジアンテナ
©az-tic life

カーナビの取り付けはTVアンテナから始めることにした。
まずはフロントガラス外側に養生テープで印を付け、
それに合わせて内側にTVアンテナを貼り付ける。
そしてアンプ部をTVアンテナの△印に合わせて貼り付け、
アンテナケーブルをピラーカバー内側の配線に沿わせて固定する。

GPSアンテナ
©az-tic life

次にGPSアンテナとグランドプレートをダッシュボード上に貼り付ける。
ダッシュボード上のスペースの関係で斜め左を向いているが、
クルマの向きはジャイロで検出するため問題ない。
説明書にはダッシュボード中央付近を避けるよう書かれているため、
余ったケーブルもジグザグに束ねて左端にまとめておいた。

配線接続
©az-tic life

純正デッキを取り外したところにオーディオハーネスを接続し、
ハンドル下の余っている端子に車速配線カプラーを接続。
そしてオーディオハーネスにカーナビ付属の電源ケーブルを接続し、
電源ケーブルの車速、バック、パーキングの先にギボシ端子を取り付け、
ハンドル下の車速配線カプラーに接続すれば配線は終了。

使用済みエアコンフィルター
©az-tic life

グローブボックスを外しているついでにエアコンフィルターも交換。
古いエアコンフィルターは砂埃や松の葉で偉いことにw

新品エアコンフィルター
©az-tic life

新しいエアコンフィルターもオートアールズにて2,980円で購入。
PB商品だが製造元はPIAAのため安心して使えそうだ。

道が太いw
©az-tic life

最後にカーナビ本体に純正デッキのステーをネジ留めし、
各配線を接続してダッシュボードに取り付ければ全て終了(;´Д`A
地図データの入ったSDカードとminiB-CASカードを差し込み、
自宅の場所やテレビのチャンネルを設定すれば使えるようになる。
まだナビ機能は使っていないが自車位置精度も高く、
タッチパネルの反応もそれなりで普通に使うには十二分と言った感じ。
レーン案内をしてくれたりSDカードにCDを録音出来たりと、
今後はどこへでも快適な長距離ドライブに出掛けられそうだ♪

三菱電機 NR-MZ40X-D
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する