安曇野発ケチケチファーマーズブログ
コンバインのメンテナンスは一昨年と昨年にしっかり行ったため、
今年は刈取部をメインに必要最低限に抑えることにした。

部品
©az-tic life

今回は馴染みのヤンマーあづみ野支店ではなく、
試しに中古農機のネット通販最大手のPDNSで部品を調達。
引起しチェーン144、引起しチェーン140(2本)、
掻込みベルトA33(4本)、処理胴切刃(通常品4個)、
スプレー塗料(Y-レッド、Y-ホワイト、Y-ネイビーグレー)。
価格は純正品よりも安く魅力的ではあるが、
単に品質や耐久性を調べる目的で購入したのだ。

刈取部 分解
©az-tic life

とりあえず各部チェーンのテンショナーを完全に緩め、
引起しチェーンを外すと同時に下搬送チェーンを適当に退けておく。
そしてスターホイールとスプロケットを取り外すことで、
左右の掻込みベルトを傷付けずに交換することが出来る。
ついでに刈刃を降ろしてオーバーホールしていると、
刈刃を駆動させるベアリングの右側が固着していることに気付き、
ベアリング4個をネット通販で取り寄せ左右共に交換した。
さらにスターホイールのベアリング1箇所にシールの損傷があり、
埃で汚れたグリスをパーツクリーナーでしっかり洗浄し、
新しいグリスを詰めて再利用してみることにw

そんなこんなで必要最低限のメンテナンスが終了♪
PDNSの部品はどれほどの耐久性を持っているのか注目だ(・∀・)

ヤンマー株式会社
中古農機のことならPDNS
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
銭車のメンテナンス大変ですね^^
自分でメンテナンスできる事は
すばらしいです。
2013/09/26(木) 00:50 | URL | fuurinkazan #mQop/nM.[ 編集]
メンテナンスは趣味も兼ねているので、
実際は楽しみながらやっています(^_^;)
2013/09/26(木) 19:25 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する