安曇野発ケチケチファーマーズブログ
松本のガーデン・ギャラリー風雅でMAI&Double Fantasyのライブが行われた。
今回はゲストにチェロ奏者を迎え、いつもより優雅な演奏が披露された。

MAIその1
©az-tic life

以前この場所でライブが行われた時にぐずっていたひかりちゃんは、
今では状況が分かるようになってきたのか、随分とお利口さんにしていた。
そんなひかりちゃんにMAIママは安心して歌っているように見えた。

嘉納さん
©az-tic life

チェロの演奏ではウン百万円の弓と数十万円の弓の弾き比べがあり、
高い方だと思ったら手を挙げて下さいという問題が出され、
お客さんの答えはほぼ半々に分かれていた。
ちなみにチェロ奏者の方によると聴いただけでは分かりませんとのこと…
違いは軽く弾けるかどうかで音にはあまり影響ないようだ。
以前テレビで芸能人格付けチェックなる番組がやっていたが、
やはり音だけ、味だけなど、限られた情報で判別するのは難しいのだ。

TOSHI
©az-tic life

種類は違えど楽器への拘りはTOSHIも負けていない。
ライブで使っているギターの他にも何本ものギターを所有し、
ピカピカに磨き上げられたものからトンボ玉や彫金で飾られたものまで、
ギターをまるでファッションの一部として楽しんでいるようだ。
さらに打楽器に張る革は手間暇掛けてなめすところから始めるなど、
通常なら買って使うものを手造りしてしまうのも驚きだ…

MAI&Double Fantasy
©az-tic life

それにしても今回は会場に到着したのがライブ開始直前だったこともあり、
既に客席が埋まっていて撮影場所の確保には少々苦労した…
しかもお客さんに近い位置での撮影だったためシャッター音に配慮し、
MCや演奏の盛り上がるアップテンポな曲を狙って撮影した。
そのため写真は動きのないものか被写体ブレかのどちらかの結果にorz

MAIその2
©az-tic life

記録係とは言え、あくまで趣味の一つに過ぎない一眼レフだが、
ライブ撮影ではシャッター音がどうしても気になり、
登山やアートトラックイベントでは雨や埃にビクビクしたりと、
気の小ささからシャッターチャンスを逃している気が…
もし余裕が出てきたらPENTAX 『K-5Ⅱ』辺りでも購入しよう(;´Д`A
出来れば専属カメラマンの女性に戻ってきてほしいのだが、
10月から写真家として暫く活動休止とのことで、ちょっと残念だ…

今回のライブよりPowerの動画
MAI&DoubleFantasy
平安堂 MAI&Double Fantasy

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する