安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ビニールハウス 予定地
©az-tic life

ようやく22日からビニールハウスの組み立てに取り掛かった。
設置場所は北側の納屋の東側にある更地。
最初は納屋の北側へ東西に建てようと思ったのだが、
間口が納屋と生垣ギリギリになってしまうため、
急遽東側へ南北に建てることにしたのだ。
さらに奥行きを13.5mから11mに切り詰めることに…

アーチパイプ 差込
©az-tic life

まずは地面に下穴を開けてアーチパイプを立てる。
下穴は農家の店とまとで購入した『ネジ込み式モーラー』と、
石の多い場所では鉄の棒とハンマーを使った。
パイプの差し込みは『パイプハンド』を掛けて押し込んだ。

アーチパイプ 接続
©az-tic life

アーチパイプは片方ずつ立てたあとジョイントで接続。
地上で接続してから立てるよりも簡単で、
弱い風ならパイプの向きが変わることもない。

妻面 両開き側
©az-tic life

妻面両開き側の引き戸は軽トラが曲がれるよう、
本来の幅2mから2.4mへ拡大した。

妻面 片開き側
©az-tic life

奥行きが11mとなれば中から外へ回り込むのも楽なため、
妻面片開き側の引き戸は付けずにビニールで覆うことにした。

ラセン杭
©az-tic life

強風対策としてラセン杭を1.5m間隔に打ち込む。
このビニールハウスは元々パイプ杭が使われていたのだが、
やはり抜け難いラセン杭の方が安心だ。

ラセン杭 差込
©az-tic life

ラセン杭の先端は中心からずれているため、
そのままねじ込もうとしても偏心して食い込まない。
『ネジ込み式モーラー』で下穴を開けてからねじ込むことで、
思い通りの場所に食い込ませることが出来る。

そして…

ビニールハウス 完成
©az-tic life


いきなり完成w


ビニールを張るには最初にサイドから張り、
次に天井を張ることで風が下から吹き込むのを防げる。
マイカ線は石を入れたビニール袋に結び、
反対側に投げることで簡単に張ることが出来る。

両開き 拡幅
©az-tic life

妻面両開き側を幅2.4mに拡大したため、
残った40cmの隙間はパイプを簡易的に固定し、
余らせておいたビニールをパッカーで留めて塞いだ。

2回目の播種が終わり既に育苗箱を並べているが、
トンネルの時とは比べ物にならないほど温度管理が楽だ。
しかしサイドのビニールが旗のようになびいてうるさいため、
近いうちに『ビニペット』を追加する予定(´・ω・`)

株式会社サンエー
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
初めましておかやんといいます。2009年5月22日の記事で種まき機を自作されていて参考にさせていただこうと思いまして、いろいろ分からない所があり、コメントさせていただきました。
まず、タイヤとなるパイプの大きさ。

チェーンは自転車のですかね?

土はどの部分のどーやって掘り起こして埋めていくのか?
ちょっと古めの記事ですが教えていただけたら嬉しいです、よろしくお願いします。
2013/05/23(木) 22:59 | URL | おかやん #XmZ1Wv/w[ 編集]
コメントありがとうございます。

タイヤとなるパイプの太さは外径216mm、内径202mmの塩ビ管です。
ホームセンターではVU200といった呼び名で扱われています。
しかし短いものは売っていないので、
塩ビ管同士を繋ぐジョイントを輪切りにすることで代用出来ます。

チェーンはもちろん自転車用のもので、
伸びきった古いチェーンがあったので使ってみました。
7段変速のスプロケットも付けてありますが、
動作が不安定なのでシングルギアの方が良いかと思います。

土の掘り起こしと埋め戻しは、
船の先端のように曲げた鉄板が土を左右に押しのけ、
飛行機の水平尾翼のように左右に飛び出した鉄板が、
土を真ん中に戻していく仕組みです、
もっと細い溝を切ることが出来れば、水平尾翼のようなものがなくても、
後輪の荷重だけで覆土出来ると思います。

試行錯誤の繰り返しで泥沼にはまる可能性もありますので、
中古機の購入もお勧めしますm(_ _)m
2013/05/24(金) 19:36 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
こんばんはコメントありがとうございます!
200ですか、機械結構大きめな仕上がりなんですね♪
確かに中古が確実ですよね(._.)オークションでも覗いてみます(^o^)
2013/05/26(日) 21:21 | URL | おかやん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する