安曇野発ケチケチファーマーズブログ
地元紙に載っているシンガーソングライター高橋あず美が気になり、
ファーストアルバム『25 to 26』先行リリースライブに行ってみた♪

実は昨年も地元紙に記事が載っていたのだが、
なぜか調べることすらせず最近まで忘れていたのだ…
ちなみに高橋あず美は旧安曇村の乗鞍出身で、
有名アーティストのバッキングボーカルを務めるなど、
それなりの経歴の持ち主というから驚きだ(゚Д゚;)

渚カナデアンホール
©az-tic life

会場の渚カナデアンホールは木の温もり溢れるカマボコ型の建物。
小さなステージにはパーカッションとキーボードが置かれ、
それを囲むように客席が半円形に並べられていた。
ライブが始まると拍手に迎えられながら高橋あず美が登場。
第一印象はとても小柄な女性といった感じだが、
そこからは想像も出来ないほど力強く伸びやかな声に鳥肌が立った…
主な楽曲はソウル、R&B、ゴスペルの影響を受けつつも、
ポップな曲やカバー曲も歌っているようだ。
YouTubeに現代版『信濃の国』が載っていることから、
いつかは湯澤かよこと地元でセッションしてもらいたいものだ。

25 to 26他
©athena records

今回の戦利品はファーストアルバム『25 to 26』とサイン色紙、
それにフライヤーと初参戦にしては上出来♪
サインを頂いている間は…
 「凄い良かったです」
 「ありがとうございます♪」
 「県内のミュージシャンを追っかけてるんですが、
  一番のお気に入りになりそうです」
 「ホントに!?ありがとうございます♪」
といった感じに至って普通に話すことが出来た。

アルバムを聴いた感想はハイクオリティー!
楽器は生演奏に拘ったとのことで完成度の高さはピカイチ☆三
ソウルフルな『BELIEVE』や『花が咲くとき』はもちろん、
疾走感溢れる『ココロノママニ』も良い感じ♪
地元紙には店頭販売日は未定と書かれているものの、
この仕上がりならそう遠くはないだろう。

そして故郷乗鞍でライブが開催されることにも期待♪

Azumi Blog
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する