安曇野発ケチケチファーマーズブログ
自転車ハウス 張替え前
©az-tic life

シルバーシートはブルーシートの3倍の耐候性があると聞き、
カインズホームの『UVシート』を自転車ハウスに張っていたのだが、
なぜか夏頃から収縮し始めると同時に柔軟性が低下し、
遂に先日の雪でバリッと豪快に破れてしまったorz
ブルーシートは防水性が低下しながらも1年使えるのに対し、
カインズホームの『UVシート』は僅か10ヶ月で破れるとは┐(´д`)┌

UVシルバーシート
©az-tic life

そこで今度は綿半の『UVシルバーシート』を購入。
この商品は車庫の北側の壁として使っている実績があり、
強い北風でバタついても一切擦り切れない(゜д゜)
生地に塗られたコーティング剤は光を通さないほど分厚く、
紫外線による劣化にも十分耐えてくれそうだ♪
そもそもカインズホームの『UVシート』は余裕で光を通し、
自転車ハウスの中にある肥料袋が劣化していたことから、
多少なりとも紫外線が通り抜けていたことになる…

自転車ハウス 張替え後
©az-tic life

とりあえず綿半の『UVシルバーシート』に張り替え完了(;´Д`A
もし収縮しても大丈夫なようダボダボ気味に張り、
ボロボロになっていたマイカ線は新しいものと交換した。
中が暗くならないよう入り口のブルーシートはそのままだが、
カインズホームの『UVシート』は光を通すため、
劣化していない部分を切り出して入り口に使う予定だ。
と言うか最初から農協の最高級品を使うべきだったのか?

追記(2013年12月17日時点):

原材料高騰で予告なしに仕様が変更されたのか、
綿半の『UVシルバーシート』もショボくなってしまったorz
少しくらいは価格が高くなっても品質を維持してほしかったのだが…
今後は農協の最高級品を買うことにしよう┐(´д`)┌ヤレヤレ

過去記事 銀世界
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する