安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ギター その1
©az-tic life

松本のガーデン・ギャラリー風雅でMAI&Double Fantasyのライブが行われた。
『あづみの公園 早春賦音楽祭』以来5ヶ月振りとなる今回のライブは、
MAI&Double Fantasy復活ライブとのことで内容も充実したものとなった。

MAI&Double Fantasy
©az-tic life

今回はゲストにアコーディオンとチェロの奏者を迎えて行われたのだが、
なんとアコーディオン奏者は仕事の関係で以前から知っている方で、
まさかMAI&Double Fantasyのライブでもお会いするとは予想外…
アコーディオンは趣味でされているらしく写真の掲載は控えさせて頂くが、
こんな趣味があるのかとお互いに驚き合ったのは言うまでもない。

MAI その1
©az-tic life

時々泣き出すひかりちゃんにMAIママは少々やきもきしている様子…
『あづみの公園 早春賦音楽祭』でベビーカーに乗っていたひかりちゃんは、
気付けばハイハイでMAIママを追いかけるくらいに成長していた。

TOSHI その1
©az-tic life

会場に展示されているランプシェードにはLED電球のようなものが!?
原発を減らすために消費電力を少しでも抑えることは大切だ。
しかしステンドグラスが映し出す模様がぼんやりする欠点があるため、
一部メーカーから発売されているクリアタイプのLED電球をお勧めしたい。
ネットで『クリア LED 電球』と検索すれば出てくるのでご参考までにヽ(´ー`)ノ

MAI その2
©az-tic life

『最期の時』などノリの良い曲は気兼ねなく撮影出来て気分爽快♪
しかしピンボケや被写体ブレの量産では意味がなくなってしまう。
高感度耐性とAF精度に優れた『K-5Ⅱ』も気になるところだが、
まずは少ない枚数でいかにヒット率を上げるかを考えなければならない。

TOSHI その2
©az-tic life

専属カメラマンの女性ならどのように被写体を切り取るのだろうか…
最近facebookでちょこっとメッセージを交わしてそう思った。
彼女が撮影したライブ写真を初めて見た時の感動は忘れてはいない。

ギター その2
©az-tic life

ライブ終了後はお茶やお菓子を頂きながらサポートメンバーと談話♪
するとチェロ奏者の方が燕山荘でもコンサートを開いていると聞いて驚愕(゚Д゚;)
さすがに個人でチェロやコントラバスを担いで上がることは難しいらしく、
荷揚げ用の索道と荷物担ぎのプロに依頼して運んでもらうそうだ。
もし機会があれば夏の燕岳登山を兼ねてコンサートに行きたいものだ。
そして帰り際にTOSHIから貴重な非売品のCDを頂いてしまった…
写真撮影だけでここまでして頂けるとは嬉しい限り(´;ω;`)

MAI その3
©az-tic life

ところで、もう2ヶ月も前の話になってしまうのだが、
MAI&Double Fantasyを始め数多くのアーティストのサポートをこなし、
パーカッションを担当していたSALこと平林一寿氏が、
ご病気により8月25日に51歳の若さで亡くなられたとのこと…
最初に『ヤギ。の撮影日和 -心はいつも片想い-』で知り、
その後、他のブログでも取り上げられているのを見たのだが、
いまひとつ実感が湧かず、今になってこうして書くことにしたのだ。
簡単ではありますが、お悔やみ申し上げますm(_ _)m

SALがパーカッションを叩く姿はもう見られなくなってしまったが、
MAI&Double Fantasyとその仲間達のココロの中で、
パーカッションの音は響き続けるだろう…

sal-percさんのブログ
MAI&DoubleFantasy
平安堂 MAI&Double Fantasy

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する