安曇野発ケチケチファーマーズブログ
権兵衛トンネルを走ってきた。

伊那谷と木曽谷を結ぶ権兵衛トンネルは、
観光や経済の活性化はもちろん、
国道19号の事故発生時の迂回路として期待されている。
そんな素晴らしいトンネルを、
是非自転車で走ってみたかったのだ。

モロコシ畑
©az-tic life

まずは適当な道で塩尻へ。
国道153号の善知鳥峠を越え、辰野をのんびり南下。
伊北インターの先の信号を右折し、
信号の少ない伊那西部広域農道を快走。
その途中、広大なモロコシ畑や大量のラップサイレージに、
上伊那の農業レベルの高さを改めて実感した…

権兵衛トンネル伊那側
©az-tic life

国道361号に入り、長い上り坂を超低速走行。
疲労が溜まったままでは危険なため、
トンネル手前のチェーン着脱所で休憩することに…
すると、道の反対側にいる人に呼び止められ、
『暑くて大変でしょ?』と、キンキンに冷えたスイカを頂いた。

ありがとうございました。

権兵衛トンネル内部
©az-tic life

権兵衛トンネルは伊那側から入って正解だった。
歩道は左側になり、クルマのライトを背にして走れる。
ちなみに、ほとんどのクルマは70㎞/h前後で走っているため、
車道を走るのはスピードに自信がある人以外危険だ。
トンネルの全長は4470mだが換気・照明は共に良好、
ツーリングのルートとしてはお勧めだ。

奈良井ダム
©az-tic life

トンネルを抜け、県道493号を北上。
途中にある奈良井ダムはロックフィル式ダムだが、
表面に草が生い茂ってるのが特徴的だ。
国道19号に合流するとペースが上がり、あっという間に塩尻へ。
適当な道を通り家に到着。2峠越の割には早かった。

走行距離:122.6㎞ 8時間30分

日帰りツーリングでもナイスな出会い…
この醍醐味を是非知ってほしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ああ、いいですね~自転車・・・

自分は来年の長距離ツーリングに向けて、自転車の勉強と、自転車のチューンとバイト(笑)の最中です。

今、荷台をどういうのをつけたらいいかを思案中で色々比較検討していますが、やっぱり泥除け兼ねているのがいいですよね?

あと、出来れば持っていく工具類なども参考までに教えて頂ければ幸いです。。。
2006/09/06(水) 15:07 | URL | シンバ #JalddpaA[ 編集]
荷台はもちろん、泥除けを兼ねてるものがいいですね~
自分は安物のスチール荷台(天板なし)に、
PPクラフトシート製の泥除けを付けてます(笑)

一般的な荷台は26から700cまで対応しますが、
700cでは荷台とタイヤの間が狭い場合があるので、
ショップで実物を測ることをお勧めします。
あとサイドバッグやパニアバッグを
取り付けられるものでないといけませんね~

工具は4・5・6mmのアーレンキー(六角レンチ)、
8・10mmのスパナ、+-ドライバー、
パンク修理セット、小型の空気入れ、オイル、
針金、結束バンドなどなど…
自分はこれらを三角バッグにまとめています(笑)
2006/09/06(水) 23:36 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する