安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ビニールハウス
©az-tic life

4月上旬は教習所へ通っていたこともあり心休まる時間などなく、
ビニールハウスの補修、春起こし、浸種、催芽、播種、雑用で大忙し!
2回目の播種と畦塗りが受託分も終わり、ようやく一段落ついた。

今年は催芽器と薬剤タンクに振り分けて1週間浸種したため、
昨年に比べると催芽の状態はまあまあ揃った気がする。
さらに今年は『ソルチグリーン培土』なる安い培土を混ぜ込み、
発芽で土が持ち上がらないか、生育は変わらないかなど、
今後の育苗コストの削減に向けた実験も進めている。
いつも丈の長い苗がすぐに丸まってしまい困っていたのだが、
先月の現代農業で『水グセ苗』だということが判明し、
試しに保温シート除去後に土が乾くまで潅水を控えてみると、
見事に丸まった苗が少なくなって、かなり得した気分だ♪
ちなみにプール育苗は水漏れ対策が面倒でもうやっていないorz

トンネル
©az-tic life

昨年に引き続きビニールハウスに入らない苗はトンネルで対処…
幅広の新しいビニールにしたおかげで開閉が少し楽になり、
余裕の重ね代で雨水や隙間風が入りにくくなった。
さらに地面は軽トラで何往復もして転圧しておいたため、
育苗箱の座りが良く、有孔ポリを踏み抜いてしまうこともない。
ただ直径10mmのトンネル支柱を深く刺すのは難しく、
昨年に比べると風に対する踏ん張りが利かないのが欠点だ。
それ以前にマイカ線の代わりにビニール紐を使ったのは問題アリ!?
まあ育苗箱まで飛ぶことはないため心配する必要はないが…

なるべく早めにビニールハウスを増設出来るよう、
地元紙の『ください』のコーナーで中古のパイプを探すとしよう。
もちろん農機具屋で探したり当ブログでも呼びかけ…

※くださいビニールハウスのパイプ。間口5.4m、奥行20mのものを。
中信地域なら取りに行きます。解体はこちらで行いますw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する