安曇野発ケチケチファーマーズブログ
三角バッグ&タイヤ
©az-tic life

クロスバイクのタイヤと三角バッグを買い替えようと思っていたら、
地元のイオンバイクでパナレーサー『パセラ ブラックス 700×35C』を、
モンベルストアで『トライアングルバッグ S』を見つけて即購入♪
値段はネット通販より高かったものの手数料を考えると安く手に入り、
地元の自転車専門店やアウトドア専門店も意外と使えることが分かった。
まだ行ったことのない店や最近オープンした店もあるらしく、
ポタリングを兼ねて新たな店を発掘するのも面白いかもしれない。

タイヤ ヒビヒビ
©az-tic life

これまで使ってきたタイヤは紫外線や空気圧で見るも無残な状態…
空気を抜いて外すと硬くなったゴムがポロポロと剥がれ落ち、
伸びたケーシングの間から良く脱腸しなかったなとつくづく思った。
実は古いタイヤも新しいタイヤと同じ『パセラ ブラックス 700×35C』だが、
クロスバイクに最初から付いていたアメサイドよりは長持ちした。

三角バッグ ボロボロ
©az-tic life

この三角バッグはダイソーで購入して直しながら使ってきたもの。
安いだけあって走行中の振動で解れるほど縫い代が少なく、
縁に沿って接着剤を塗り込んで補強した痕が長い歴史を物語る…
さらに硬い面ファスナーがフレームに擦り傷を付けないよう、
面ファスナーのフレームに接する部分にはフェルトを貼り付けてある。

ハブ オーバーホール
©az-tic life

ホイールを外しているついでに前後のハブをオーバーホール。
ナットを外して軸を抜き取り、ボールとカップを綺麗に拭き、
新しいグリスを盛ってボールを並べ、軸を入れてナットを締めれば終了。
さらにペダルもオーバーホールしようと思ったのだが時間がなく、
接着剤用の注射器で隙間からグリスを盛って組み立てることにした…
専用工具がなくオーバーホールを諦めていたボトムブラケットも、
隙間から針が入ったため気休め程度にグリスを盛って終了。

タイヤ ピカピカ
©az-tic life

庭を走り回って泥だらけになってしまったが新しいタイヤは気分がいい。
荷物を積んで長距離ツーリングに行くにはこれぐらいの太さが良く、
自転車を始めたい人がいれば太目のタイヤのクロスバイクを勧めるだろう。
最近のクロスバイクはどちらかといえばフラットバーロード寄りで、
細いタイヤは雨の日や悪路の走行ではスリップやパンクに気を遣う…

三角バッグ ガッツリ
©az-tic life

新しい三角バッグは古いものより容量が多くて使いやすく、
パズルのように詰めないとファスナーが閉まらないということがない。
内ポケットに工具を入れておけば輪ゴムで束ねる必要がなく、
走行中の振動でチャラチャラと音がすることもないから安心だ。
ちなみに中身は携帯用ポンプ、英式クリップ付きホース、パンク修理セット、
8・10mmスパナ、4・5・6mmアーレンキー、プラス・マイナスドライバー、
点鼻薬の容器に入れたオイル、ウエス、タイラップ、ロープなど。

メンテナンス完了♪
©az-tic life

タイヤと三角バッグが新しくなっただけで何だか新車っぽくなった♪
今年は田んぼの中干しに合わせて長距離ツーリングに行けたら良いが、
一日当たりの走行距離を延ばしてコンパクトな日程にするためにも、
コンフォートサドルや伸縮性に優れたズボンを探す必要がある。
それ以前にケツの筋肉を付けた方がクッション性があったりして!?

まだまだ現役の『まいえくすぷれす』ことマルイシ ブラックイーグル 700C♪
あと10年くらいは乗りたいマルイシのクロスバイクの隠れた名車だ。

モンベル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する