安曇野発ケチケチファーマーズブログ
地元ニュースでドライブレコーダーの話題が取り上げられていたのだが、
事故の原因究明や安全運転の意識向上などに役立つ一方で、
プライバシーの侵害や名誉毀損に繋がるといった危険な一面もある。
最近ではドライブレコーダーの価格が下がってきたことや、
YouTubeなどの動画サイトの普及により趣味として装着する人が多く、
より過激なシーンを得ようと危険が予測出来るのに回避行動をとらなかったり、
実際の道路事情を考慮せずに些細な違反行為をクローズアップしたりと、
まるで探偵や警察になった気分で撮影された動画が目立ってきた。

そして中信地域にも趣味で撮影されている方が2名ほどいるのだが、
上記のように危険が予測出来るのに回避行動をとらなかったり、
実際の道路事情を考慮せずに些細な違反行為をクローズアップしたりと、
誰もが被害者になってもおかしくない状況にもはや放ってはおけなくなった。
とりあえずこれまでに判明した投稿者の車種や行動パターンを掲載するため、
疑わしいクルマに遭遇した時は被害に遭わないよう役立てて頂きたい。

まずはこちらのチャンネル。
http://www.youtube.com/user/szki357
この投稿者は松本市波田周辺から県道48号松本環状高家線を通り、
流通団地方面へ通勤していると思われる動画をメインに扱っている。
残念ながら窓やドアミラーの形状から車種は特定出来ていない。
ただリアシートの形状から5人乗りのセダンの可能性があり、
上部に青いグラデーションが入ったフロントガラスが特徴的だ。
某掲示板にはアコードセダンH12年位の旧型で色黒や、
インスパイア 3代目 UA4/5型(1998-2003年)の紺か黒との情報があるが、
今のところそれらを決定付ける情報は得られていない。
中信地域特有の強引な右折がクローズアップされるのは仕方ないとして、
右折レーンが未整備でも微妙に広い車線でクルマが左に寄り過ぎだと言ったり、
センターラインがなく対向車とのすれ違いに気を遣う場面で避け過ぎだなどと、
実際の道路事情や運転技量の違いを全く考慮していないのが気になる。
さらにドライブレコーダーだけでなくビデオカメラも持ち歩いているようで、
エスカレーターに乗る女性の顔が鮮明に映っている動画には驚くしかない。
一部の動画に対向車とすれ違った瞬間歩行者が振り向く場面があり、
対向車に対して異常なほどクラクションを鳴らしていることが伺える。
松本市波田保険福祉センター周辺で撮影された動画が多く、
撮影時刻や進行方向から自宅はその付近にあるものと思われる。
一部の動画には車内で女性と会話しているものがあることから既婚と思われ、
さらに某掲示板には2011年時点で40歳であるとの情報もあった。


次はこちらのチャンネル。
http://www.youtube.com/user/shinssx
この投稿者は池田町中之郷集落南部から安曇橋と常盤橋を経由し、
穂高大橋南にある製造工場へ通勤していると思われる動画と、
バイクで池田町から国道19号を松本市渚ライフサイトまで走る動画がメイン。
車種は現行型のトヨタ エスティマハイブリッドとホンダ CB750だと思われ、
エスティマは前後左右に、CB750は前後にドライブレコーダーが装着されている。
某掲示板にエスティマの色はガンメタでナンバーは『松本33○こ 3○1』、
左右の一番後ろの窓に黄色い線が斜めに2本ずつ入っているとの情報があった。
CB750は燃料タンクがキャンディブルー、Fフェンダーが濃い紺色とのこと。
車間距離を詰め過ぎたり横断歩道で歩行者を妨害する動画は理解出来るが、
軽トラと正面衝突しそうになった時から関係ない軽トラにも過剰反応したり、
動画に偶然映り込んだ女性に執着するなどといった行動が見られる。
過去に掲載していた動画には右折待ちのクルマと歩道の間をバイクですり抜け、
対向右折車にはねられそうのなったのに対向右折車が悪いと決め付けたり、
大名町通りを60km/h前後の速度で走ったりする危険な動画もあった。
最近の動画では軽トラを農家の物だと決め付けた上で大麻のニュースをこじつけ、
それに対してコメントしたところブラウザの不具合で連続投稿になってしまい、
説明文は変更されたものの、さらにユーザーを侮辱する内容となった。


本来なら事故の原因究明に使われなければいけないドライブレコーダーも、
探偵や警察の気分になって優越感に浸ったりストレスを解消したりと、
歪んだ方向へ使われるのは多くのドライバーにとって気分の良い話ではない。
このような動画が少しでも減るようサイト運営者へ確認を申し込むと共に、
当たり前だがドライブレコーダーの餌食にならない運転を心掛けるのも大切だ。

※動画や掲示板等で判明した情報を元に今後も文章を更新し続けます。
  またメールやコメントでも情報を募集しています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する