安曇野発ケチケチファーマーズブログ
昨年10月に購入した『ウィングハロー』は駆動系の修理も終わり、
マトモに使えるかどうかは別として一応カタチになったため詳細報告…

ミッションケース 分解
©az-tic life

農機具屋に軸付シールとオイルは交換済みと言われたことから、
スプリングレーキなど外側の部品交換だけで済むと思っていたのだが、
念のためセンター爪軸を外してみるとベアリングが超ボロクソ!
すぐさまスプライン軸を抜いてベベルケースを降ろすことにしたorz

再利用不能部品
©az-tic life

ベアリングは玉と輪が磨耗して1~2mmくらいのガタがある状態…
ローラーチェーンは関節1箇所につき1mm程度のガタとは言え、
全体では40~50mmくらい伸びていてタイトナーも役に立たない。
おかげでミッションケース内側は見事に削られて肉薄に((((゚Д゚;))))

再利用可能部品
©az-tic life

心配だったスプロケットやベベルギアはこれと言った磨耗はなく、
ワイヤブラシとパーツクリーナーで洗浄してピカピカに生まれ変わった♪
巨大なスナップリングは手持ちの軸・穴兼用プライヤーでは扱えず、
ラジオペンチの柄をパイプで延長したもので苦戦しながらも何とか外した。

新品部品
©az-tic life

農機具屋で購入した部品はローラーチェーン、コーンプレートB、
パッキン、シム1、シム2、軸付シール(2個)、トリムシール560(2本)、
スプリングレーキ1(5個)、スプリングレーキ2(4個)で合計60,000円丁度♪
ネット通販で購入した部品はオイルシール、各種ベアリングで合計4,959円だ。

べベルケースASSY 組立
©az-tic life

ベベルケースにベベルギアや新品のローラーチェーンを組み込み、
手で回すと異音や歯飛びもなくスムーズに回ってくれた(・∀・)
ちなみにベアリングを打ち込む時は軸と渋ければ内側の輪を叩き、
穴と渋ければ外側の輪を叩くと玉を傷めずに打ち込むことが出来る。

ベアリング LLU
©az-tic life

スプライン軸両側のベアリングは本来なら開放型を使うべきところ、
今回は泥水の浸入を遅らせる目的で接触ゴムシール型を採用。
しかしベアリングの潤滑がスムーズに行われないと寿命に影響するため、
内側に面したシールを外して片面だけシール型として使うことにした。

その他部品 交換
©az-tic life

コーンプレートBは右側だけゴムが痛んでいたため右側だけ交換し、
スプリングレーキは全て前に20度ほど曲がっていたため全て交換した。
今後は延長レーキの歪みを直したりワイヤーを交換する予定だが、
ワイヤーにタイコを付けるための圧着工具を買うかどうか迷うところだ…
磨耗しているブラケットやブッシュは予算的に見なかったことにして、
気温が上がってきたら安いスプレー塗料で外側だけ塗り直すとしよう。

松山株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する