安曇野発ケチケチファーマーズブログ
頬っ被り
©az-tic life

雨でベッタリ倒れる前に刈れそうな田んぼだけ刈ってしまおうと稲刈り開始♪
ケチケチ修理したコンバインは問題なく作動して得したと思いきや、
こぎ室内部やオーガからコロンコロンと異音がして一瞬ヒヤリ((((゚Д゚;))))
エンジンを切ってこぎ胴をチェックしても脱落した部品は見当たらず、
畦際刈りで石や異物を取り込んだのだろうと結論付けておいた。
さらに藁屑の多さは揺動後部シール押さえを下げることで解消し、
枝梗の多さも送塵調節を3から2へ変えることでほぼ解消された。
そんな稲刈り初日も雨が強くなり稲に水滴が付き始めたため中断…
ヤンマーのコンバインは濡れた稲を刈ると籾に葉っぱが沢山混じるのだ。

取りこぼし
©az-tic life

それにしても田んぼに落ちている穂が多くて勿体無いのなんの(´・ω・`)
4条刈りは2条刈りに比べると数本の稲を扱うのが苦手なようで、
ゆっくり刈り終わって稲が搬送チェーンに残った状態でバックすると、
次の搬送チェーンへの受け渡し部分からするりと落ちるようだ。
そのためスピードを落とさず最後まで稲が束になって入るようにしたり、
稲がフィードチェーンに入るのを見計らってバックするようにした。
それより気になったのは刈取クラッチワイヤーの戻りの悪さ、
こぎ深さ自動のスイッチの接触不良、上搬送チェーン221Rの異音、
1チャンネルの戦車のおもちゃの如く切り返すしかしない左旋回の弱さなど、
実際に動かしてみたことで新たな修理メニューが加わった…

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する