安曇野発ケチケチファーマーズブログ
いいづなリゾートスキー場でアートトラックのチャリティ交流会が開かれた。
この日は地元や関東地方から20台前後のアートトラックが集まり、
大規模イベントとは一味も二味も違う濃いアート談義が繰り広げられた。
『頑張ろう!栄村!チャリティ交流会』として集められた義援金は、
3月の大地震で被害を受けた栄村へ寄付されるとのこと。
東北地方の復興はもちろん栄村の復興も忘れてはならないのだ…

ポムコツ安曇野丸&安曇野丸
©az-tic life

『安曇野丸』と『ポムコツ安曇野丸』のツーショットは意外と初だったり!?
これまでのイベントでは『安曇野丸』を通路に置くことが多く、
横に並べることが出来たのは単にスペースがあり余っていたから…
こうして並べてみると90年代の2tアートをモチーフにした『安曇野丸』と、
気付いたらレトロになっていた『ポムコツ安曇野丸』の対比がこれまた面白い。
会場の駐車場は舗装されていたため数年振りに『安曇野丸』で爆走!
やはり長距離ツーリングで体力やバランス感覚が鍛えられているだけあり、
バッテリー搭載でも余裕でコーナリングやホーン操作が出来た。
この日はなんと4時間も掛けて自転車で駆けつけて来た中学生もいて、
将来は信濃乃国のアートチャリの後継者になる可能性も(・∀・)

櫻夢丸&櫻夢丸Ⅲ
©az-tic life

会場をウロウロしていて最初に気になった2台の旧型のトラック…
土建屋でも運送屋でもない独特のオーラが漂ってると思ったら、
オーナーさんは箕輪町で酪農をやっている方だったのだ。
日野レンジャーベースの『櫻夢丸Ⅲ』は引っ張ってきたものをレストアし、
シャーシラメやメッキパーツでシンプルに仕上げた拘りの一台♪
ダンプの『櫻夢丸』もドアペイントが目立ちまくりだ。
酪農と稲作の違いはあれど同じ農業をやっているということもあり、
DIYによる機械修理やトラクターの話題でも盛り上がった。

夢観光 爆走中
©az-tic life

このチャリティ交流会の主催者でもある『夢観光』さんとも濃いアート談義♪
オリジナルのマニ割や公認車検といったディープな話題はもちろん、
各パーツの作り込みも穴が開くほど細部まで観察させて頂いた。
どのように菱チップを取り付けていたのか分からなかった飾りバシゴ、
アルミアングルの組み方やアンドンの防水方法など様々な発見があった。
ただ『ポムコツ安曇野丸』は畦越え上等のバリバリの仕事車のため、
実際には『安曇野丸』のマイナーチェンジに活かされそうだが…

フルアート車 ナイト全開
©az-tic life

最後に残ったフルアート車を大きい順に並べてナイト全開!
右から『明菜丸Ⅱ』、『紫電丸』、『夢観光』、『織姫丸』、『安曇野丸』♪
辺りは霧に包まれてボンヤリと写る電飾はこれまた幻想的…
大規模イベントでもお目に掛かれない貴重なショットが撮影出来た。
帰りは『安曇野丸』の積み込みに時間が掛かり最後に会場を出たのだが、
山道を下っていくと『夢観光』と『紫電丸』に追い付いてランデブー!
そのままの状態で長野市街地を爆走しようと思った矢先、
『安曇野丸』が微妙に傾いているのに気付き点検のために停車…
まあ何ともなかったのだが勿体無いことをした気分だorz

今回は小規模な交流会だったものの予想以上に濃い内容で大満足♪
来年以降も開催されるのであればぜひ参加したいものだ。

信州のトラック野郎~夢観光~
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する