安曇野発ケチケチファーマーズブログ
5月に購入して6月にウチへやってきたヤンマーコンバイン『CA365』…
玉葱の磨きやリンゴの摘果の合間を縫って修理してきたのだが、
ようやく元通りのカタチになってきたため中間報告♪

まず最初に取り掛かったのが『CA365取扱説明書』の注文。
メンテナンス方法や消耗部品一覧が載っているため、
故障箇所の発見や部品の注文をスムーズに行うことが出来る。

部品 交換
©az-tic life

でもってヤンマーあづみ野支店で取り寄せて交換した部品…
排ワラ駆動ベルト特B41H、排ワラ穂先搬送ベルト64、
下搬送チェーン63R、補助搬送チェーン30×35L、
排ワラ搬送チェーン25×68、排ワラチェーンガイド、
給油ホース、飛散防止ゴムC、グリスキャップ(2個)、
グレンタンク開閉カバー、揺動前シール、1番シール、2番前シール、
シール20×25×349(2個)、シール20×20×557(2個)、
引起こしケースカバーフタ、エアクリーナエレメント、
エンジンオイルフィルター、プーリ100×B1、テンションプーリ70A、
チェーン押さえバネ、チェーン押さえバネ座で合計104,388円。

その他ホームセンターやネット通販で購入して交換した部品…
エンジンオイル、クーラント、こぎ胴駆動ケースオイル、
排ワラ駆動ケースベアリング(2個)、下搬送チェーンプーリベアリング、
こぎ胴ボルト、処理胴ボルトで合計7,700円くらい。

こぎ歯 ローテーション
©az-tic life

さらに購入するまでもない部品は時間を掛けてチマチマ手直し…
揺動棚リベット打ち直し(20箇所)、グレンタンク穴補修、
ラジエターグリル凹み鈑金、各種カバー凹み鈑金、
サイドデバイダ曲がり修正、右分草板曲がり修正、
乗降ステップ曲がり修正、排ワラチェーンステー曲がり修正、
2番還元スクリュー曲がり修正、ゴムタレ破損部カット、
各部配線被覆補修、グレンタンク窓自作、処理胴シール自作、
飛散防止ゴムA自作、飛散防止ゴムE(?)自作、
こぎ胴こぎ歯ローテーション(9割)、処理胴こぎ歯ローテーション(5割)、
こぎ胴切刃研磨、処理胴切刃研磨で合計2,000円くらい。

およそ50項目に及ぶ修理箇所を思い出せることに驚き(゚Д゚)
これら全ての部品代を合計しても114,000円くらいとリーズナブル!
農機具屋に出せば50万円は取られてもおかしくないだけに、
油汚れが平気で良かったな~とつくづく感じた。

コンバイン 修理
©az-tic life

気付けば既に8月下旬だが今後の予定はというと…
脱こく入力ケースオイル、フィードチェーン駆動ケースオイル、
各部テンション調整、分草板高さ修正、分草板カバー自作など…
まだまだ探せばキリがなさそうだがまあ頑張るとしよう。

ヤンマー株式会社
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
わからない言葉だらけです。ネットで買うということはこういうことがわかる人が買うということなんですね。消耗品の殆どを交換したり、リベット打ち直し、ベアリング交換までするんですね。金貯めて新品買います。
2011/08/26(金) 21:42 | URL | クレマチス #-[ 編集]
部品の型番などは取説や納品書で知っただけです…
型番が分からない部品の注文方法は、
適当な図を描いて営業所の方に見てもらい、
組立図をプリントしてもらって最終確認します。
リベットは板厚と直径さえ分かればOK。
ベアリングはシールに型番が刻印されているので、
通販サイトの表から探して注文します。
300時間台は1回目の故障ラッシュなので、
100時間程度のものを購入されるのはどうでしょう?
あとは離農品であることが明確な物件が良いと思います。
2011/08/27(土) 19:08 | URL | あづみのまる #jlvJE8rM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する