安曇野発ケチケチファーマーズブログ
おひさま
©nhk

放送が始まって2週間も経ってから取り上げるのもどうかと思うが、
実は何気に連続テレビ小説『おひさま』を観ていたりする…

ヒロインの井上真央はファンというわけではないが嫌いでもなく、
実績のある女優が起用されることが多い近年の連続テレビ小説の方向性と、
戦時下の一般庶民を演じる観点からすれば無難な選択と言えよう。

一番注目したいのは『おひさま』に登場する安曇野の風景で、
知っている場所や合成された山並みと建物を探すのが面白かったり♪
それに安曇弁がどのように使われているのかも気になるところで、
標準的な「~ずら!」が連発されると思わず吹き出してしまうw
ガッカリなのは主人公やその家族は丁寧語ばかり話していて、
実際に安曇弁を話しているのは農家や飴屋ぐらいなこと…
もっと「しゃらみぐせぇ!」や「あだじゃねぇ!」と言ってほしいものだ。
最近は日常生活でも標準語を話すことの方が多いため、
これを機に安曇弁を書き出してみるのも面白いかもしれない。

そして安曇野を舞台としているだけあり地元の期待は高く、
観光客を呼び込もうと市役所や商店も『おひさま』色に染まっている。
当ブログでも出来る範囲で関連記事を掲載していくとしよう♪

連続テレビ小説『おひさま』
安曇野市
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する