安曇野発ケチケチファーマーズブログ
脱衣所で使っている電気ファンヒーターのフィルターを掃除したのだが、
電源を入れると焦げ臭い温風が出てきたため分解清掃することに…

電気ファンヒーター 清掃前
©az-tic life

パネルを外すと予想通り、ヒーターやモーターの周辺に埃が溜まっていた。
ヒーターは初めて見るラジエターのような細かいフィンを並べた構造で、
内側にも埃が詰まっていたためエアーを噴き付けて詰まりを除去…
モーターとファンもあらゆる角度からエアーを噴き付けて埃を飛ばした。

電気ファンヒーター 清掃後
©az-tic life

最後に雑巾で細かい埃を丁寧に拭き取れば新品同様ピッカピカ♪
電源を入れて驚いたのは風量が多くて以前よりも暖かく感じること(*´д`*)
こんな簡単に性能回復が出来るなら他の家電もやるしかないと思い、
何年もメンテナンスしていなかったこたつヒーターユニットを分解…

こたつヒーターユニット 清掃前
©az-tic life

( ゚Д゚)ヒョエー

こんな大量の埃が溜まった状態で使っていたとは恐ろしい…
温度ヒューズがあるとはいえ発火の可能性がないとは言えない。
電気ファンヒーターと同じくエアーを噴き付けて雑巾で拭き取った。

こたつヒーターユニット 清掃後
©az-tic life

機種による違いもあるが、電気ファンヒーターはヒーターの上部に、
こたつヒーターユニットは2本並ぶヒーターの間に温度ヒューズがある。
突然動作しなくなる原因の多くは温度ヒューズが働いたことによるもので、
ホームセンターや家電量販店で同じ規格の温度ヒューズを購入し、
分解清掃も兼ねてちょちょいと交換すれば本体を買い換えなくて済む。
もちろん温度ヒューズが切れる原因にファンの故障なども考えられるため、
交換後は正常に動作することをしっかり確認してから使いたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する