安曇野発ケチケチファーマーズブログ
今年から1町歩ほど田んぼを借りたり転作田に加工用米も作ることから、
少しでも水管理を楽にするため中古の畦塗機を導入することにした。
しかし地元の農機具屋にあるのは10~20馬力クラス用や特殊ヒッチばかりで、
現在の30馬力から将来的に乗るであろう50馬力まで対応した標準ヒッチ、
それもロータリーが畦に対して縦回転のものは一切見つからなかった。
これまで借りていた本家の畦塗機は畦に対して横回転の古いタイプのため、
荒くれや代ごせで波を受けると畦がゴッソリ滑り落ちてしまう欠点が…
借り賃も10年以上使ったとすれば明らかに中古を買う方が安上がりで、
ネットも使い血眼で探していると下野乃国は小山市に理想の物件を発見♪
早速問い合わせるとコンディションはかなり良いと分かり即購入決定!
嬉しさのあまり『ポムコツ安曇野丸』で下野乃国まで取りに行くことにした。

ポムコツ安曇野丸in下野乃国
©az-tic life

まずは国道254号を東へ向かうのだが対向車が巻き上げる泥しぶきが凄い!
しかしウォッシャー液はノズルが凍り付いているのか一滴たりとも出ず、
仕方なく乾拭きでワイパーを動かすと塩カルの影響でギラギラの状態にorz
国道18号に入り泥しぶきがなくなったところでティッシュで拭きまくったものの、
浅い角度で朝日が当たると薄く広がった汚れが現れて結局は目障りに…
碓氷バイパスをエンジンブレーキ使いまくりで上野乃国に入るとペースが下がり、
高崎市や前橋市で直進と左折のレーンを間違えたり遠回りしてしまったりと、
久々に訪れる関東平野に四苦八苦しながら国道17号をチンタラ進んだ。
そして国道50号に入ると一本道&立体交差で音楽を聴きながら快適走行♪
およそ5時間20分掛けて下野乃国は小山市の農機具屋になんとか到着。

ニプロ UZ300 積載
©az-tic life

早速現物を確認すると爪はもちろん新品でディスクの磨耗も少なく、
ユニバーサルジョイントやシャフトのカバーには取説がぶら下がっていた。
話を聞くと離農品とのことで目立った錆や傷、色褪せも見当たらず、
前オーナーがメンテナンスをしながら丁寧に使っていたことが見て取れる。
とりあえずフォークリフトで無理矢理『ポムコツ安曇野丸』に積み込み、
店内でお茶を頂きながら従業員の方と農業や天気の話題で盛り上がった。
最後にかんぴょうを使ったという小山銘菓のお土産を頂いて帰ることに…
畦塗機の重量は340kgで平坦な道では流れに乗れなくはないのだが、
さすがに碓氷バイパスの上りともなると3速で50km/h出すのが精一杯orz
信濃乃国に入る頃にはすっかり日も暮れ降ろす間もなく寝床に着いた。
ちなみに今回購入した畦塗機は角が残るため279,000円とリーズナブル!
角まで塗れるタイプが倍の価格と考えれば角は手作業でも辛くない。

株式会社鈴木屋商店
松山株式会社
和菓子 乙女屋
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する