安曇野発ケチケチファーマーズブログ
リンゴ収穫終了
©az-tic life

ようやくリンゴの収穫が終わり腰に気を遣う作業から開放された。
今年は8反歩以上の仕上げ摘果を一人で行ったこともあり、
ちゃんと収穫出来るかどうか心配で眠れない日が続いたのだが、
風による擦り傷や日焼けを除けばまあまあな出来になった。
来年は長い枝に多発する擦り傷を減らすために摘果を工夫したり、
南の端をやや多めに残して極端な肥大や日焼けを抑えたりと、
これまでの作業で発見したことをフェードバックさせていくとしよう。

リンゴひこばえ
©az-tic life

そして後回しになっていたひこばえ切りは始まったばかり。
リンゴは根の強い品種(?)に味の良い品種が接木されているため、
根元にはひこばえが勢い良くボーボーと生えてくるのだ。
しかも一昨年から充電式のバリカンで軽く切ってきたこともあり、
枝分かれしたひこばえの根元は驚くほど太いものが多い。
このままではひこばえに養分が奪われることも考えられるため、
根を傷つけないよう剪定バサミで切るしか方法はないのだ。
全て切るとなれば手が豆だらけになるのは避けられない(´・ω・`)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する