安曇野発ケチケチファーマーズブログ
愛用の『K-x』はこれまで微妙に前ピン気味だったのだが、
ドアノブにぶつけてからは後ピンが頻発するようになったorz
そこで裏技を使いデバッグモードにして調整してみることに…

まずは『K-x』でフォーマットしたSDカード(有名メーカーが安心)を用意し、
メモ帳に『[OPEN_DEBUG_MENU]』と書いてファイル名『MODSET.492』で保存。
ここで注意したいのは『[OPEN_DEBUG_MENU]』の後に改行することと、
保存時にファイルの種類を全てのファイルにしてから(不要?)保存すること、
それと『DCIM』のフォルダ中に保存するのではなく隣に保存すること。
さらにコピペでは余計なスペースや改行が入ることがあるため、
一文字一文字(もちろん半角)打ち込んだ方が気付かないミスを防げる。

Development Menu1
©az-tic life

SDカードに保存し終えたら『K-x』に差込み±ボタンを押しながら電源を入れ、
『DEBUG MODE』でISOボタンを押して『<DIS>』を『<EN>』に変えてOKボタンを押す。

テストモード
©az-tic life

次にシャッターボタン半押しでステータススクリーンにしてからMENUボタンを押し、
ISOボタンを何回か押していくと『テストモード』なる新ページが現れる。

AFテスト
©az-tic life

『テストモード』中の『AFテスト』を選択して一番下の項目で右にすれば手前に、
左にすれば奥にピントが合うようになるため撮影しながら調整する。
調整後は電源を入れ直して最初の『<EN>』を『<DIS>』に戻してOKボタンを押し、
電源を切ってからSDカードを抜けば終了のはず…後味は悪いが(゚Д゚;)

愛用の『K-x』は偶然にもスプリットの精度が出ているため、
今回はスプリットの像を元に調整することが出来た。
ちなみに目の位置によってはスプリットの像がずれてしまうため、
念のためアイカップに切込みを入れた紙を貼り付けて覗いた。
さあ、これで後ピンによるボツを大幅に減らすことが出来そうだ♪

※デバッグモードにする場合は自己責任でお願いします…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する