安曇野発ケチケチファーマーズブログ
玉葱 定植
©az-tic life

雨が降り続いて一時はどうなるかと思った玉葱の定植が始まった。

昨年定植した畑は土壌が悪く小玉傾向になってしまうことから、
今年はべと病のリスクを抱えながらも今までの畑に定植することに…
とりあえずべと病が出やすいジメッとした場所に藁をすき込み、
周辺より水はけが良くなるようにしてみたつもりなのだが、
苗を置いて管理機で土を掛けていると靴に泥がずっしり付着!
これは定植が終わった後に畑の周りの溝を深くするしかなさそうだ。

あと気になったのは苗床の肥料を管理機で深く混ぜたためか、
育苗中期で葉の色が枯れるのかと思うくらい黄色くなり、
その後何事もなかったかのように色が濃くなってきたのだが、
やはり苗床の肥料は軽く混ぜる程度にしておいた方が良さそうだ。
あまり深く混ぜ過ぎると肥料分が薄く広がってしまい、
根が広く深く張るまでに苗が腹を空かせてしまうのだろう。

完全有機でも完全無農薬でもない微妙な慣行農法ではあるが、
こうして畑にちょこんと座って作物の表情を眺めるのは楽しいものだ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する