安曇野発ケチケチファーマーズブログ
全体
©az-tic life

ライブレンズとして大活躍中のTAMRON『SP AF28-75mm F2.8』♪
開放でソフトフォーカスになるのは大口径の特徴だと思っていたのだが、
最近になって右下半分だけがソフトになっていることに気付いた。
そこで適当な印刷物を真正面から撮影してみるととんでもないことに…

右下
©az-tic life

等倍のまま右下の一部をトリミングした画像がこんな感じ…
白い文字や背景が左上へ向かって大きくぼやけている。
ライブ写真でも右下にあるギターや機材が同じくぼやけていて、
構図によってはどこにピントが合っているのか分からないものもある。

左上
©az-tic life

それに対し左上の一部をトリミングした画像はまあまあシャープ!
手持ちのどのレンズの開放よりもいい写りをしている。

ネットで調べると全体や一部がぼやけたり前ピン後ピンだったりと、
本来評判の良いレンズだけあって個体差を気にしている人は多そうだ。
しかし調整に出せば目の覚めるようなレンズになるとのことで、
ここは写真のクオリティーアップを考えて調整に出してみるとしよう。
もちろんカメラに合わせてもらうためその間の撮影はお預けだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する