安曇野発ケチケチファーマーズブログ
かじかの湯キャンプ場
©az-tic life

平日のキャンプ場は他のキャンパーがいないことの方が多いため、
キャンプ場の従業員が帰りさせすれば炊事場にテントを張ることも出来る。
夜に雨が降りそうな時や野生動物がウロウロしていそうな時は安心だ。
もちろん朝は従業員が出勤してくる前に撤収しなければならないが…
最終日は国道151号と国道153号をメインに北上するだけの快適走行♪

久良運の焼きカレー
©az-tic life

伊那市では湯澤かよこお気に入りの喫茶店『久良運』でランチタイム♪
何を食べようか迷ってしまうがここはシンプルに『焼きカレー』(850円)を頂いた。
あっつあつのカレーライスにとろっとろのチーズと卵がのっかっていて、
そのまま食べたり混ぜこぜにして食べたりと味の変化が楽しめる一品だ。
大杉蓮(?)似のマスターに湯澤かよこのファンだということを告げると、
妙に話が盛り上がってアイスコーヒーまでサービスして頂いた。
しかもマスターはバイクツーリングで全国各地を旅されたことがあったり、
息子さんも自転車ツーリングをされているようで旅の話題でも盛り上がった。
今後も伊那方面に来ることがあればぜひ立ち寄りたいお店だ。

辰野町にて
©az-tic life

天竜川が作り出す複雑な河岸段丘は細かなアップダウンとなり、
毎日100km以上のハイペースで走ってきたカラダに地味に応える…
途中から天竜川の管理道路を走ってみると驚くほど平坦で走りやすく、
伊那谷を自転車で走るには自転車道代わりに使えそうで良い発見をした。
天竜川に沿っての走行は辰野町の横川川との合流地点で一区切りとし、
国道153号から国道19号へ入ると余計な寄り道もせずにさっさと帰宅。
ツーリングで困るのは地元で「どこから来たの?」と訊かれることだったり…

無事に帰還
©az-tic life

4年振りのキャンプツーリングは少々無理のあるケジュールだったものの、
チャリダーやバイカーとの出会いがあったりで充実したものとなった。
さらにジーンズは走りにくかったりUVカット腕カバーは効果的だったりと、
次のツーリングに向けたノウハウも数多く手に入れることが出来た。
ただ愛用のクロスバイクはボトムブラケットのベアリングの調子が悪く、
今後も長距離を走るとなればオーバーホールか交換が必要で、
あまり使わなくなる冬場に回転部をフルメンテナンスする予定だ。

さあ来年は信濃川沿いに走って最北端記録か!?
それとも利根川沿いに銚子市を目指して最東端記録か!?

走行距離132.3km
全走行距離629.5km
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する