安曇野発ケチケチファーマーズブログ
清水港の夜明け
©az-tic life

結局まともに寝られず疲れが抜け切らないまま朝を迎えてしまったorz
しかも期待していた朝焼けに浮かぶ富士山のシルエットは見えず、
トコトコと沖へ出て行く漁船やシーカヤックを適当に眺めてから出発。
それより海の家の近くに別のチャリダーがテントを張っているのに驚いた。
テントから出てくる様子はなくお会いすることは出来なかったのだが、
そのチャリダーもテニスや打ち上げ花火の音に悩まされたに違いない…

御前崎
©az-tic life

この日は国道150号や並行する太平洋岸自転車道で西へ向かう。
しかし太平洋岸自転車道は堤防の上面をそのまま利用した区間が多く、
移動するための道というよりはレクリエーション広場という印象…
パンクや荷物が痛むのを防ぐためには国道を走るのがお勧めだ。
国道150号から県道357号に入ると至る所に椰子の木が並び南国気分に♪
そして今回の目標の一つでもあり最南端新記録の御前崎に到着。
太平洋に突き出しているだけあり180度を超える大パノラマは壮観で、
無我夢中になりながら東西南北あらゆる角度から写真を撮りまくった。

天竜川河口
©az-tic life

再び国道150号に合流すると広い路側帯でハイペースクルージング♪
ただ中山道や東海道に比べるとチャリダーの数は圧倒的に少なく、
砂地の畑が延々と続く中を走り続けるだけでこれといった出会いはない。
それもあってか気付いた頃には天竜川を越えて浜松市に到着…
たまたま見つけた『八扇乃湯』(500円)でサッパリして外に出ると、
地元の方が話し掛けてきて砂丘にテントを張れることを教えて頂いた。

中田島砂丘
©az-tic life

夕食を調達したあとウロウロしながら砂丘へ行ってみると砂が細かい!
朝露で砂が付いたりペグが抜けやすいことを考えると砂丘は断念。
砂丘の麓にあるやたらと広いグラウンドゴルフ場で薄暗くなるのを待ち、
ウォーキングをやっている方がいなくなるのを見計らってテントを張った。
ちなみに夜は空にしたサイドバッグを付けっぱなしにすると怪しまれにくい。

走行距離131.5km
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する