安曇野発ケチケチファーマーズブログ
変わらないスタイル
©az-tic life

自転車で日本海へ行ったことはあるのに太平洋へ行ったことがない…
そんな単純な理由から久々のキャンプツーリングへ行くことにした。
手っ取り早いルートは富士市へ出て同じルートで帰って来ることだが、
同じルートを走るのはつまらないため帰りは天竜川沿いに設定。
やや多めの着替えと余裕を持った調理器具やガスボンベの重量に、
山道を含めた500km以上を4泊5日で走れるか不安を感じながらも出発!

甲斐乃国入り
©az-tic life

とりあえず国道19号から国道20号に入り諏訪方面へ向かうのだが、
予想以上に強い向かい風と長い上り坂で脚を攣りそうになってしまった…
しかし塩尻峠を越えると長い下り坂や平坦な道で快適走行♪
下諏訪町では4~5人の学生(?)チャリダーの集団とすれ違った。
市街地を過ぎると一気にペースが上がってあっと言う間に甲斐乃国へ。

吉田うどん
©az-tic life

国道20号を走りながら昼食を頂ける場所はないかと周りを見渡していると、
穴山橋の手前にある小さな直売所に『吉田うどん』なるのぼりを発見!
吸い込まれるように店内へ入ると心地良い風鈴の音色が出迎えてくれた。
早速天ぷらうどんの冷たい(400円)を注文するとキャベツの乗ったうどんが…
つけ汁に入れられた赤い薬味は唐辛子の辛さと山椒の香りが効いて、
キャベツの食感と相まって今まで味わったことのないハーモニーを奏でる♪
再び甲斐乃国へ来ることがあればこの直売所に立ち寄りたいものだ。

歩道橋より富士山を望む
©az-tic life

国道20号から国道52号へ入る歩道橋を上るとうっすらと富士山が見えた。
このあと道の駅しらねに泊まる予定だったのだが近くに銭湯がなく、
少し足を延ばした先にある『やまなみの湯』(500円)に浸かったあと、
かなり東に逸れてしまったが道の駅とよとみで泊まることにした。
ただポンプ室がうるさいため裏にテントを張るのはやめた方が良い…
一晩中「コン!ウー!」などと謎の騒音に悩まされることになる。

走行距離122.3km
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する