安曇野発ケチケチファーマーズブログ
納屋 一部解体
©az-tic life

北側の納屋の一部が強風でガタガタ騒音を撒き散らしているため、
中にある廃材の片付けよりも先に納屋の一部を解体することにした。
納屋は築40年以上の丸太とトタンで作られた掘っ立て小屋で、
今回解体する部分は古い農機具やビニール等のゴミが片付けられ、
残った廃材を転がして置く以外にあまり使い道のない部分だ。

まずはバールで釘を抜きながら慎重にトタンを剥がしていくのだが、
錆びて強度がなくなったトタンはバリッと簡単に割れてしまう…
今後は北側の納屋の代わりとなる作業場を増設する予定で、
剥がしたトタンをレトロな壁材として再利用する予定だったのだが、
そんな甘い考えは錆びの如くボロボロと崩れ去ってしまった…
しかもトタンを失った骨組みは上に乗るだけで揺れまくるため、
同じく再利用する予定の垂木を取り外すのは時間が掛かりそうだ。

まあ何はともあれ後回しになっていた解体が進んでスッキリした。
何事も思い立ったら一気に進めるのが大切なのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する