安曇野発ケチケチファーマーズブログ
祝日の月曜日は『The Step』スタジオ生ラ~イブ♪と思いきや、
今回はなぜか生ライブは行われず通常の編成で放送ということで、
とりあえず普通に写真を撮って適当にギャラリーすることに…
しかし今回のお題はまさかの『デジカメを100倍たのしむ方法!!』!
愛用の『K-x』を持参して来たからには黙っていられるはずもなく、
 「デジカメと折り畳み傘の意外な取り合わせとは?」
 (カメラに三脚をねじ込む動作をして…)
 「そう!実は即席の三脚になるんです!」
さらに調子に乗って…
 「セルフタイマーの2秒の使い方とは?」
 (カメラを揺すってシャッターボタンを指差して…)
 「そう!これを使うと手ブレが減るんです!」
などとスタジオの外からジェスチャーでクイズに答えてしまった…
ただ放送の合間に湯澤かよこ本人から紙に書いて示された、
『ピントとフォーカスの違いって何ですか?』には答えられずorz
後で調べるとピントはオランダ語の『brandpunt』の略のなまりで、
フォーカスは英語の『focus』でどちらも意味はレンズの焦点とのこと。
今後は色々な雑学を勉強してすぐに答えられるようにしておこう。

ピント(゚∀゚)キタッ!!
©az-tic life

肝心の写真はと言うと今までにないくらい思い通りにピントが合っている。
被写界深度が浅いTAMRON『SP AF28-75mm F2.8』でも余裕なのは、
やはりスプリットマイクロスクリーンでピントの確認が容易になったお蔭だ。
『K-x』のオートフォーカスは迷った場合手前に引くようになっているのか、
ライブ会場など薄暗い場所で撮影した写真は前ピンのものが多い。
しかし髪の毛や鼻筋などの縦線を目安にすればピンボケが判りやすく、
スプリットの像が合うまでチョチョイと半押しを繰り返してみたり、
合わない場合はマニュアルフォーカスに切り替える目安にもなる。

それより『The Step』の『デジカメ一工夫』のシチュエーションが羨ますぃ~
中途半端な理工系のウンチクを並べている場合ではなさそうだ。

KAYOCO Yuzawa Official Blog
湯澤かよこ my space
The Step デジカメ一工夫
FM長野

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する