安曇野発ケチケチファーマーズブログ
池田より有明山を望む
©az-tic life

池田町の創造館でハイチのこども支援コンサートが開かれた。
会場は安曇野や北アルプスを見渡すことの出来る絶景ポイントで、
広大な敷地内には池田町立美術館やカフェレストラン岳樺、
芝地や遊具などが整備され、観光やレジャーにお勧めの場所だ。

さて、世間はバンクーバーオリンピックの話題で溢れ返っているが、
ハイチ大地震では多くの人々が未だ劣悪な環境で過ごしているため、
治安の悪化や感染症の防止に先進諸国の支援が急がれている。
困った時はお互い様と言うことで今回は奮発して500円寄付。。。

赤沼BAND
©az-tic life

肝心の出演アーティストはMAI&Double Fantasy他5~6組とかなり充実。
特に注目したいのは不思議なオーラをじんわりと放つ赤沼BANDだ。
曲は洋楽のカバーや落ち着いたものを中心に演奏しているようだが、
メンバーの一人が鍵盤ハーモニカを吹いている姿はかなりツボ♪
誰もが小学生の頃に演奏したことのある楽器を取り入れることで、
楽器演奏が得意でない人にも身近で親しみやすい存在に感じられる。
今回は場所や設定の関係であまり上手く撮影出来なかったものの、
地元で活動しているらしく、もし近場でライブがあればぜひ行ってみたい。

MAI&Double Fantasy 赤沼BAND コラボ
©az-tic life

このコンサートではステージと客席の間が広く取られていたため、
TAMRON『SP AF28-75mm F2.8』で撮影するとこれが限界…
ドアップで撮影出来れば構図を整理する必要がなくなるのだが、
小さく写るとなればマイクスタンドなどの機材でゴチャゴチャだ。
試しにカメラを傾けてみるとゴチャゴチャ感が軽減されると言うか、
何となく構図全体に勢いやカッコ良さが増したような気がする。
しかし測距点を中央1点にした時の前ピンは相変わらずで、
どの写真もなぜか手前の椅子や文字にドンピシャだったりする。
ホワイトバランスはPENTAX独自のCTEをチョイスしたものの、
予想以上に暖色系に傾いて電球の雰囲気を飛び越えてしまった…

希望の光
©az-tic life

先延ばしになっていたMAI&Double Fantasyの後援会の入会も済ませ、
今後は会報が届いたりライブが割引になるなどの特典が楽しみだ。
会員証のペンダントのシリアルナンバーは驚きの一桁台を頂き、
誰かのためにとっておいたであろう数字には感謝してもしきれない…
さらに会報に写真を使いたいとのことで話が進んでしまったが、
前ピンや変なホワイトバランスを見られると思うと恥ずかしいorz
まあ、何となく撮るよりは鞭を打った方が上手くなるのは確実で、
それで喜んでくれる方々がいると思えば今までの投資も安いものだ。

とりあえずトリミングと縮小だけしてメールで送るとしよう…
それより納期とやらがあるのか気になって仕方がない。

MAI&DoubleFantasy
平安堂 MAI&Double Fantasy
池田町

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する