安曇野発ケチケチファーマーズブログ
自転車のチェーンは汚れやすい。
だからと言って、チェーンを細々洗うのは面倒臭い…

そこで登場するのがチェーンクリーナーだ。
チェーンクリーナーは回転するブラシとスポンジで、
コマの一つ一つをスピーディーに洗浄してくれる優れもの。
パークツールやフィニッシュラインなどから、
3,000円前後で発売されている。自転車好きにはお勧めだ。

クリーナー材料
©az-tic life

さて、そんなチェーンクリーナーを身近な材料で製作してみた。
今回使用した材料は棒タワシ、MDケース(6枚収納)、
透明塩ビ板、磁石、スポンジ、PPチューブと両面テープ。
全て家に転がってたものなので材料費はタダだ。

クリーナー部品
©az-tic life

まずはMDケースを半分の大きさに切り詰める。
次に透明塩ビ板をMDケースに入る大きさに切り出し、
PPチューブの通る穴を開けて軸受けを作る。
それから棒タワシをMDケースに入る長さ・直径に切断し、
両端10mmの毛を取りPPチューブを被せる。

クリーナー完成
©az-tic life

最後に全ての部品を組み合わせ、
底に磁石、出口にスポンジを貼り付けて完成。
ちなみにMDケースに穴を開けず、透明塩ビ板で軸受けを
作る理由は洗浄液が漏れないようにするためだ。
で、その洗浄液が手元にないので、
洗浄力の実験は後日行うことにしよう。お楽しみに。

※本文を参考にする場合、自己責任でお願いします…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する