安曇野発ケチケチファーマーズブログ
黍・粟 播種
©az-tic life

先日製作したロール式播種機で黍と粟を播いた。

場所は親戚のリンゴ園の一角で広さは7畝ちょっと。
ウチには空いている田んぼや畑がなかったため、
こまめな除草を条件に使わせてもらうことになったのだ。
丁度リンゴの支柱があるため、鳥よけの糸を張ったり、
台風の時期には倒伏を防ぐ対策が出来そうだ。

ロール式播種機を実際に使用して判明した問題は、
種が静電気によって繰り出しロールに吸い付いたり、
覆土板に長くて繊維の強い草が引っかかったりと、
ほんの少しの改良で解決出来そうなものにとどまった。
それ以外の部分は満足の完成度でバリバリ機能。
農機具屋が見たら顔が青ざめるかもしれない。

次は収穫に向けて足踏み脱穀機を用意しよう。
調整は外部委託で経費削減の予定。

自作ロール式播種機
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する