安曇野発ケチケチファーマーズブログ
田植機 修理
©az-tic life

トラクター、コンバイン、田植機、播種機、作業機…
これら稲作機械の中でも一番デリケートなのは田植機だ。
細かい部品が多く、それでいて泥の中で酷使される。
華奢な車輪にサスペンションはなく、衝撃は直に伝わる。
田植えの1ヶ月前には隅々まで動作チェックを行い、
オイル交換や修理の必要な箇所がないか探る。
もし田植えが遅れたら苗に影響があるため気が抜けない。

タンク 腐食部
©az-tic life

そんな感じで探っていたら燃料タンクに燃料漏れを発見。
単にドレンボルトが緩んでいるのだろうと増し締め…
しかし、しばらく放置すると再び燃料が滴り始めた。
確認のため燃料タンクを外してみると案の定、
ドレン横に内部からの腐食による穴が開いていた。
ウチの溶接機では薄過ぎて溶接出来ないことや、
腐食が広範囲に広がっていることから再利用を断念。
農機具屋で新しい燃料タンクを取り寄せてもらうことに…

新旧タンク
©az-tic life

新しい燃料タンクが届くと燃料センサーとキャップを移植。
田植機に取り付けて燃料漏れがないことを確認すれば終了。
農機具屋に任せたら3~4万円はする今回の修理も、
燃料タンク代15,120円のみと格安で行うことが出来た。
エンジンやギアケース内部のトラブル以外は一目瞭然で、
農機具屋に頼むのはあまり時間がない時くらいだ。
今の農業は昔に比べ機械化が進んでいるため、
作物の知識よりも機械の知識がある方が有利だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する