安曇野発ケチケチファーマーズブログ
純正ドア金具 破損
©az-tic life

車検と整備を終えたばかりの『ポムコツ安曇野丸』…

なんと運転席側のドアをコントロールする金具が破損し、
ドアがほぼ90度まで開くようになってしまった…
しかも半分開いた辺りから抵抗が加わらなくなるため、
後ろから風が吹いている状況では勢い良く開いて危険だ。
しかし車検・整備代が14万円近く掛かってしまったため、
部品だけ取り寄せてもらって修理する余力もない。

新旧ドア金具
©az-tic life

そこで適当な鉄丸棒で金具を製作することに…

まずは直径10mmの鉄丸棒を厚さ7mmに叩き潰し、
両端だけ厚さ4mmになるまでガツガツ鍛造。
次にグラインダーで純正ドア金具と同じ起伏を削り出し、
両端にピンを通す穴を開け、最後にクリア塗装して終了。

左が純正金具、中央が製作した金具、右が鉄丸棒だ。

自作ドア金具 装着
©az-tic life

早速ドアに組み込み開け閉めしてみた。

ゴッゴッゴッ…

純正金具より幅が足りないため、多少のガタはある。
しかし下手なプレスが施された純正金具よりも頑丈で、
逆にドアやボディーが変形しないか心配してしまう。
とりあえず簡単に修理することが出来て一安心だ。

※旧規格アクティのドア金具はネットでドアごと購入出来ます…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する