安曇野発ケチケチファーマーズブログ
ようやく納屋の梯子を階段に置き換える計画が終了した。
提供していただいたアルミ階段の修正に翻弄され、
昨年12月からチマチマ現物合わせで進めてきたのだ。

修正箇所は手摺の格子を取り付ける部分のうねり、
1段目の踏み板の緩い弧を描くような曲がり、
そして1・2・3段目の踏み板の間隔のバラつきだ。
うねりはペンチで一直線になるよう曲げ戻し、
曲がりは角材と万力で少しずつ力を加えていき、
間隔のバラつきは取り付け金具の加工でクリアした。

外階段 基礎接続
©az-tic life

基礎との接続は突き出た異形鉄筋に鉄アングルを溶接し、
階段側のアルミアングルと重ねるようにボルト留め。
手摺と鉄アングル上部の接続は手摺側に鉄板をはめ込み、
あらかじめ鉄板に溶接しておいたナットで留めるだけだ。
ちなみに基礎は型枠の寸法ミスでやや高くなってしまった…

外階段 踊り場接続
©az-tic life

踊り場は扇型に加工した鉄Cチャンネルをベースに、
鉄アングルの支柱2本と鉄足場板の天板でシンプルに構成。
上部の手摺は直径19mmと25mmのパイプで作ってみた。
こう見えて鉄足場板が扇形の変形を抑えてくれるため、
実際には見えない三角構造がもう2箇所入っているのだ。

外階段 完成
©az-tic life

これでデッドスペースとなっていた納屋の2階が活用出来る。
主にビニールや寒冷紗、薬剤タンクなどの資材置き場や、
木材加工を中心とした作業場、それに休憩室にもなりそうだ。
今後は雨風を防ぐための戸や階段を照らすセンサーライト、
あとは作業場の増設に合わせて地面にコンクリートを打とう。

『New Farm AZUMI 』の看板を掲げる日が楽しみだ…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する