安曇野発ケチケチファーマーズブログ
納屋 外梯子
©az-tic life

超格安でアルミ階段が手に入ったことにより、
納屋の梯子を階段に置き換える計画が始動した。

階段を設置する場所は納屋の外側にある小さな更地。
納屋と堰に挟まれ、これと言った利用方法がなかった場所だ。
この位置に階段を設置すれば納屋内部が広く使える他、
増設予定の作業場と相まって仕事の効率アップが期待出来る。

外階段 砕石鎮圧
©az-tic life

まずは階段の基礎となる場所を30cm程度掘り下げ、
拳大の石、砂利、砕石を敷き詰め、ハンマーで突き固める。
突き固めた後はあえて雨ざらしにし、再び突き固めた。
こうすることで地盤がしっかり引き締まる…はず。
突き固め、水平を確認したら捨てコンを囲む枠を組む。

外階段 型枠&メッシュ
©az-tic life

捨てコンが硬化したら1段目の型枠を組み、ブロックで補強。
近い将来、納屋を手作業で解体することも考慮し、
補強材は異形鉄筋ではなくワイヤーメッシュを使用した。
階段を取り付ける部分は異形鉄筋をL字に曲げたものを使用。
かぶりは角度やバランスの関係で階段側が50mm、反対側が30mmだ。

外階段 基礎完成
©az-tic life

コンクリートはホームセンターで購入した砂、砂利、セメントを、
薬剤タンクを切断した容量約150リットルの容器で混合。
一段目が硬化した直後に表面のセメントペーストを削り取り、
二段目のコンクリートを入れることで強度ムラを抑えた。
この時点で最低気温が氷点下になる日が続いたため、
初期養生は40Wの電球とトンネル支柱、むしろを使用した。

ちなみに今回の記事は階段の基礎で終了。
踊り場は現在製作中のため、完成次第掲載する予定だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する