安曇野発ケチケチファーマーズブログ
宮川真衣のニューシングル『大きな愛』…
最初は地元の書店で普通に購入しようと思ったのだが、
やはりサイン入りが欲しくなり、川中島まで遠征することに。

某車inオリンピックスタジアム
©az-tic life

今回は交通費を浮かせるため、宇佐美でハイオク満タンと、
川中島にある中古車屋へ行くことを条件に某車を借りた。
『ポムコツ安曇野丸』を使わないのは国道の流れに乗れないからだ。
国道を走ると予想通り、多くの車が60~70km/h出している。
某車は小刻みな連続コーナーでも吸い付くように走り、
積極的なシフトダウンでターボを効かせれば立ち上がりも良好。
中古車屋では次期候補のシビックやスカイラインを物色。
何でも冬に使うにはFFか4WDにしないと怖いとか…

宮川真衣 ドアップ
©az-tic life

川中島の書店に着くと、ステージ周辺はまだガランとした状態。
そこに店員が来て「ライブは4時半からとなります」とのこと…
これは東和田でのライブが長引いているのではと判断し、
入り口付近で宮川真衣がどんな車で来るのか見物することに。
しばらくすると車椅子マークの付いたミニバンが到着。
父親らしき人が降りた後、助手席から宮川真衣が降りてきた。
そして後部座席から様々な機材を取り出し店内へ搬入。

宮川真衣 ツーショット♪
©az-tic life

ライブの開始が4時半に変更され、時間が20分程度余ったのか、
リハーサルはトーク交じりの少々豪華なものとなった。
地元の書店で行った時と同様、今回も父親がギターを担当。
またもやギターの弾き語りを拝むことが出来なかった…
しかしアルバム・シングルの即売&サイン会では、
 「以前、あづみ野店のライブに参加したんですよ」
 「あ~!あの時の~♪」
 「今日はサイン入りのシングルが欲しくて安曇野から来たんですよ」
 「ホントに~!?ありがとうございます~♪」
 (宮川真衣から両手で握手を迫られる)
 「あわわわわ…」
 「もうスラッとしてて羨ましいです~♪」
といった感じに、前回よりは会話らしい会話が成立した。
それ以前に体型を褒められたのは予想外の出来事だ。
パーソナリティ ダイアリーにダイエットの記事が載っているが、
宮川真衣は多少ふっくらしている方が可愛い気がする。

大きな愛 直筆サイン
©heiando music records

サイン入りのニューシングル『大きな愛』を聴いた感想は…
4曲全てがメロディーやアレンジに個性を持たせているため、
ミニアルバムの扱いにした方が良いくらいの充実振り。
これで1,100円とはリーズナブル&ナイスファンサービス。

今回のライブは会話と握手の段階に漕ぎ着けた。
次はプレゼントや当ブログの宣伝でもするとしよう。
そのためにはトップ画像やリンクの順番を…

☆マイうた★

※画像は個人的判断により掲載しましたが、問題があれば削除します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する