安曇野発ケチケチファーマーズブログ
シャンデリア 材料
©az-tic life

通販でアクリルビーズ・シャンデリアカバーを購入して5ヶ月…
ようやく構想が練り上がり、シャンデリアの製作に着手した。

材料はシャンデリアカバー、厚さ2mmの塩ビ板、直径5mmの真鍮丸棒、
直径0.9mmの真鍮針金、ゴールドカッティングシート、
ゴールドチェーン、不要なマーカー、釘、その他配線金具等。
シャンデリアカバーは海外製の安物で、六角錐の形状が特徴的だ。
ビーズを繋ぐリングはショボいユニクロメッキのため、
単にビーズを取るためだけに購入したのだ。

シャンデリア 加工
©az-tic life

まずは塩ビ板を丸く切り出し、カッティングシートを貼る。
次に真鍮丸棒を籾摺りロール等の型に押し当てながらリング状にし、
ビーズやチェーン、塩ビ版との接合のための穴を開けていく。
シャンデリアカバーはビーズを一つ一つバラし、バリを取り、
真鍮針金で作った直径10mm程度のリングで連結していく。
とりあえず丸いビーズを4個、しずく1個の組み合わせを用意。
最後に塩ビ板に真鍮丸棒のリングを釘とポンチで固定し、
組み合わせたビーズを一つ一つ吊り下げていく。
電球のソケット代わりにマーカーのベースを中央に取り付け、
2段目3段目をチェーンと真鍮針金で平行になるよう吊るす。

シャンデリア 装着
©az-tic life

あらかじめ天井に取り付けておいた土台に取り付け、早速走行…


ジャラジャラジャラジャラ!!!!!!


縦揺れが予想よりも強く、ビーズが不規則に動いて上品さが無い…
1段目のビーズは2段目に、2段目のビーズは3段目に引っ掛かり、
こまめに手直ししないと次第に形状が歪になっていく。
とりあえず苦肉の策として丸いビーズを1個ずつ取り外し、
下から2番目の真鍮針金のリングを横に繋げるよう、
別の真鍮針金をそれぞれの段に1本ずつ1周させてみた。

シャラシャラシャラシャラ♪♪♪

ビーズが揃って動き、ドレスのような上品さが漂っている。
ただ1周させた真鍮針金が細く強度が心配なため、
今後はもう少し太目の真鍮針金に交換するとしよう。

シャンデリア ナイト
©az-tic life

やれやれ、シャンデリアだけでこんなに奥が深いとは…
外装ともなればそれこそ茨の道となりそうだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する