安曇野発ケチケチファーマーズブログ
アーリーレッド 苗
©az-tic life

苗の段階では薄っすらと赤味を帯びた『アーリーレッド』。
スーパーへの出荷を目指して新たに挑んだ品種だ。

これまで作ってきた玉葱は『甘』と採種用のみ。
サラダ等の生食用として需要の多い赤球がなかったため、
農協でも販売している『アーリーレッド』をチョイスした。
届いたシーダーテープには何故か『くれない』と書かれていたが、
同じ赤球には変わりないため、とりあえず苗起こししたのだ。

管理機 覆土
©az-tic life

植え方は『甘』と同じく管理機で畝を立て、苗を置き、
また隣に畝を立てながら覆土していく方法だ。
手植えよりも真っ直ぐ、しかも植え付け深さが一定のため、
尻細りの発生や活着の遅れといった問題が解決出来る。
ただ、手植えではひと手間掛けて鎮圧することが出来るのだが、
管理機には鎮圧ローラー装着等の改造を施していないため、
遅植えの場合は根が凍み上がって枯れる可能性もある。
土地や気候、品種に合った植え方や機械を選ぶことが重要だ。

ちなみに、『アーリーレッド』をスーパーへ出荷する話だが、
これは親戚のリンゴ園の協力により実現したのだ。
やはり地道にやってきた成果がここに現れたのだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する