安曇野発ケチケチファーマーズブログ
長年の念願である鼻炎のレーザー手術を受けることが出来た。

小学校低学年の頃から鼻が常に詰まった状態となり、
週に1回は耳鼻科に通い、吸引や点鼻薬による治療を続けていた。
しかし、どの耳鼻科でもこれと言った効果が見られず、
遂にドクターショッピングの状態に陥ってしまったのだ。
だが5年生の時に高周波電流による手術を受ける機会があり、
患部の様子を見ながら合計3回の手術を行った。
手術の効果はまずまずで、暫くは快適な生活が続いた。

それから2~3年…鼻は再び詰まった状態となり、
『パブロン 点鼻』によるその場しのぎの処置が続くことに…
市販の薬には必ずと言って良いほど書いてある文句に、
『1ヶ月使用しても効果が見られない場合、医師又は薬剤師に相談する』、
『長期連用しない』とあるが、それらを完全に無視したためか、
薬が切れた時の患部のリバウンドは日に日に酷くなっていった。
1日の使用回数は当たり前のようにオーバーし、学校では睡魔に襲われ、
中学高校は人並みに学校生活を楽しむ余裕すらなかった。

昨年レーザー手術を受けられる耳鼻科をネットで発見し、
吸引と点鼻薬を受けながらレーザー手術の機会を伺っていたのだが、
医師の判断により、遂にレーザー手術を行えることになったのだ。
手術の時間は合計30分程度。麻酔に15分、レーザー照射に5分、
患部のクリーニング等で10分と言ったところだろうか。
麻酔はガーゼに惜しみなく染みているため、喉に流れると苦い。
それさえ我慢すればレーザーそのものの痛みは全く無い。
ただし匂いが凄いため、呼吸は口で吸って鼻で吐くのが良い。
手術後は鼻水の量が増えるため、内服薬を渡される。

とりあえずこれで薬に頼らない生活へと近付いた。
まだ多少の違和感はあるが、完治するのが今から楽しみだ♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する