安曇野発ケチケチファーマーズブログ
オーガ
©az-tic life

ズドーン!!

大量の白煙(?)と共に無数の籾をぶちまける主砲。
ハイゼットの4枚リーフをいとも簡単にへし曲げてしまう。

しかし、そんな主砲ならぬオーガにも欠点がある。
それは田んぼの脇にトラックが来ないと使えないことだ。
田んぼと道の間に堰が流れていたり、高い段差があったり、
最悪のパターンとしては田んぼに道が来ていない場所もある。
無理してトラックで田んぼに入るとスタックするのは必至で、
籾満載のコンバインで移動するのも横転の危険がある。
オーガを使えるのは限られた条件の田んぼのみと言うことだ。
まあ、最近は二つ折りのロングオーガも登場しているが…

立ち乗り目線
©az-tic life

コンバインの操縦は立ったまま行うことが多い。
畦際や中割りで左端の条を確認することはもちろん、
飛んで来た虫や埃を吸い込まないようにするためでもある。
3条刈りでは手動操作だが、2条では自動操向を使えるため、
こんな感じで写真を撮ったり景色を楽しむ余裕がある。
もちろん、自動操向を使うには真っ直ぐな田植えが前提となる。
個人的には自動操向よりも刈り高さ自動が欲しいところだ。
トラクターではオートロータリーで耕耘爪の寿命が延びるように、
コンバインは刈り高さ自動で刈り刃の寿命を延ばしたいものだ。
次に買い替えるとしらたアシスト関係はフル装備にしよう。

お疲れさん
©az-tic life

何もない田んぼにひっそりと佇む『ポムコツ安曇野丸』…
時間が経つにつれて乾く排藁は、見事なグラデーションを描き出す。
ハイゼットを家に置き、自転車でコンバインを取りに来ると、
後で自転車を取りに来る必要がある。その時に見る田んぼは格別だ。
今年もたわわな稲穂を育んでくれた田んぼに感謝しながら、
自転車と目玉の風船を積み込んで家路に着く。

今年の稲作はもう終わりだが、頭の中は既に来年のことで一杯だ。
一匹ファーマーにココロの休まる時間はない…
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する